<相続税の税率計算>相続税の税率計算と基礎控除、贈与税

相続税の税率にかんしての基礎知識について

相続税,税率,計算

相続税の税率って一体どのくらいの金額取られるかどうか御存知であろうか?
おじいちゃん、おばあちゃん、もしくはお父様やお母様等、他界した家族が遺族に対して残す最後の財産、これが遺産と云うわけだ。
しかしここで注意して欲しいのは、遺産をまるまるそのままの金額でゲット出きるわけじゃないと云う事だ。
莫大な財産額のうち相続税の税率分の金額を差し引きされた残額こそ貴方がゲット出きる金額と云うわけだ。
相続税の税率から誕生するその定義だが、人の他界に起因する財産の移転に対して課せられる税金の事だ。
そのシステムにかんしてだが、実は日本だけでなく世界中で実用化されているシステムなのだ。勿論相続税の税率は各国でちがう。


スポンサードリンク

相続税の税率と贈与税について

相続税,税率,計算

それでは日本ではどいう具合に相続税の税率が定められているかと云うと、相続税法に基づき税率が定められているのだ。
なぜ、相続税等と云うものがあるのかと云うと、それは[富の再分配]と云うわけの分かる事ができない思想に基づいているのだ。
[富の再分配]とは、要するに国民の所得を出きるだけ公平に一定にしようと云う思想だ。
当然の事だが、努力すればするほど他人より金儲け出きるのが資本主義の世界の大原則だが、だからと云って、あまり所得に格差がつかないように、たくさん稼いでる人からはおおくの税金を取る(累進課税制度)と云う考え方なのだ。
見方を変えると、所得の低いあまり稼いでない人達からはあまり税金を取らないようにすると云う構想なのだ。
これには、国民の貧富差の拡大を防ぐと云う目的があるようだ。
現実に、1970年代のヨーロッパ等では、相続税はあったが贈与税がなかった為、実質的に相続税等支払わずに財産を子孫に相続する事が出きた。
この贈与税がなかった為に、世襲貴族等の資産家一族に資金が多量に集中し、貴族と庶民との間に大きな所得の格差が誕生していた。
また、人間は死ぬ時に、生きている間に築きあげた財産・資産を社会に全部還元すべき、と云う考え方も背後にある。
相続税を支出する側からしてみれば少し理不尽な法律のようにもおもえるが、一応は理にかなった法律なのだ。
しかし外国に目を向けると、近頃ではカナダ、オーストラリア、スウェーデン、イタリア、マレーシア等で相続税が廃止されたようだ。
相続税の税率は、その相続額に拠って上下する。


相続税の税率の計算方法と基礎控除について

それでは相続税の税率の計算方法を案内したいとおもう。
1000万円以下で10%。3000万円以下で15%。5000万円以下で20%。1億円以下で30%。3億円以下で40%。3億円を超越するとなんと50%と為っている。この相続税の税率は、もはやボッタクリのような税率だ。
なぜなら、せっかく3億円の遺産を継承したとしても、結局は1億5000万円しか手許に残らないからだ。
当然の事だが、相続税の税率分の金額を差し引かれた上、更に何かと経費が掛かる為、現実の手取り額はもっと低くなる。
しかしながら、相続税は基礎控除と云う制度もあるので是が非でも活用しよう。
これは法定相続人が多ければ少なくないほど基礎控除額は上がると云うものを活用するのだ。
つまり、1人で遺産の全額を受け取るのではなく、複数の相続人で受け取るほうが差し引かれる税率は下がると云うわけだ。
この考え方の解説はたいへん複雑な為、もし貴方が相続税を貰うチャンスがあるなら、絶対に相続税の税率にかんして弁護士と対話した方が良い。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






健康食品やサプリメント