<固定資産税の計算方法とは?>固定資産税の計算方法と評価額計算の仕方

固定資産税の計算方法と評価額計算の仕方は固定資産の種類による事について

固定資産税,計算,方法

固定資産税と評価額計算の仕方は、固定資産の種類に拠って大幅に変化する。
固定資産税の計算方法は、所有している固定資産が、土地か建物かに拠って税率が変わってくるが、同じ土地でも地目と云われる土地の種類や、建物の建造物の種類、鉄筋コンクリートや木造か、耐火機能の有無等に拠っても、固定資産税と評価額の計算の仕方に影響してくるのだ。
土地や建物を新規に購入する場合は、資金繰りのポイントから、あらかじめ固定資産税の計算方法と評価額計算の仕方でシュミレーションして、税金にかかる費用にかんして算出しておく事は、転ばぬ先の杖となる。
都市計画税と云う税金も固定資産にはかかってくるから、これも忘れずに計算方法にに入れておく必須事項があるのだ。


スポンサードリンク

固定資産税の計算方法、計算式、計算例、日割り計算のシュミレーションについて

固定資産税,計算,方法

固定資産税の計算方法には、免税点以上の固定資産が対象となるから、土地で30万円以上、家屋で20万円以上、商売等に活用されている減価償却計上している償却資産で150万円以上だ場合に、固定資産の計算の対象となる。
そこで計算式や計算例、日割り計算にかんしてもシュミレーションするための必須事項があるのだ。
固定資産税の基礎となる計算式や計算例、日割り計算として、固定資産の評価額は国の基準で決定されるが、この評価基準は、3年に1回改定が行なわれ、新聞等でも報道されている。
これを参照に固定資産税の計算式や計算例、日割り計算にかんしてもシュミレーションして欲しい。
自身の所有する、もしくは購入予定の土地又は家屋の評価額は、管轄の法務局へ足を運び、土地・家屋価格等縦覧帳簿を縦覧する事が出きる。
こうすると実態に沿った計算方法が可能に成るが、家屋等を建てる場合は、別途固定資産税の計算方法を分けて、実践する必須事項があるのだ。
これも固定資産税の計算式や計算例、日割り計算にかんしてもシュミレーションする際の参照にして欲しい。


エクセルや固定資産税計算ソフトを活用した計算方法について

固定資産税の計算方法として、固定資産税計算ソフトやエクセルを活用した計算方法がある。
しかしながら、その前に以下の事を実践してから活用したほうが良い。
土地にかんしては、その広さに拠って固定資産税の税率がちがってくるが、住宅用地の課税にかんしては控除の特例が在り、200平米を境にして、評価額の1/6から1/3、都市計画税も評価額の1/3から評価額の2/3が控除されるのだ。
住宅にかんした評価額は国の定めた評価額の7割が固定資産税の課税対象の基礎となる。
新築や増改築をした場合、家屋の評価額は、税務署員の調査を待って、初めて評価額が決定されるが、それでは資金計画を立てる上で途方もなく遅い。
ゆえに、家屋の種別が近い近隣の家屋をモデルとした固定資産税の計算方法のシュミレーションを実践する必須事項がある。
法務局へ足を運んで探し求める事が1番正確だが、土地付き家屋を新築した場合は、不動産業者や建築業者に該当物件をあらかじめ耳にしておいて、法務局で吟味するのが安全だろう。
業者から概算的な評価額は教えてもらえるが、自身で最終的に点検をする事をおすすめしたい。その際に上手に活かすのが、固定資産税計算ソフトやエクセルを活用した計算方法だ。
固定資産税の税率や特例は、追加や変更があるものだから、税務署で確認し、高めの評価額で、計算ソフトやエクセルを活用した計算方法でシュミレーションすれば、まず間ちがいはないとおもわれる。

固定資産税、計算事務委託先がミスで、計36万円を過大請求!について

青森県七戸町が2007年度の固定資産税を請求した際、824の個人・団体に対して合計約36万円を過大に請求していたと云う。
町税務課によると、固定資産税の計算事務を委託した青森市のソフトウエア開発会社が、土地評価額の下落分を計算しなかった事がミスの原因だったようだ。
過大請求の最高額は2万2000円。町は納税通知書を改めて送付し、とっくに固定資産税を支出した納税者には還付した。
分割払いの納税者には現状以降の徴収でアレンジすると云う。
町税務課は[委託業者のミスとはいえ、責任は町にある。納税者に申し訳ない]と談じていると云う。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%A8%8E%E9%87%91&tbm=blg&output=rss&num=50






健康食品やサプリメント