<退職金の税率とは?>一時所得扱いの税率と役員退職金

退職金の税率は、他の所得税や住民税よりも低減対処が採られている事について

退職金,税率,税金

退職金の税率は、他の所得税と比較すると低減対処が図られているのがその特質だ。
退職金は相当まとまった金額となる為、このまま課税されてしまうともの凄く高い税率になるからだ。
まず給与所得等に利用される総合課税方式とは別個に退職金の税率には分離課税方式が利用される。
分離課税方式と云うのは他の所得とは分類して、独自に退職金の税率を計算すると云う方法だ。
つまり、退職金の税率は一時所得扱いとされているので税金が安くなるのだ。


スポンサードリンク

現実の退職金の税率の計算方法にかんして

退職金,税率,税金

退職金の税率の計算方法としてもう1個は退職所得控除と云われるものがあるが、これは退職金から勤続年数に応じた退職所得控除額を差し引いた残額の2分の1を課税対象額にすると云うものだ。
これは一定の税率で計算される事に成る為、退職金にかかる税額ができる限り軽くなるように優遇されているのだ。
分離課税方式での退職金の税率の計算は、まずその収入金額から[退職所得控除額]を控除する。
退職所得控除額とは、勤続年数に1年当たり40万円、21年目以降は1年当たり70万円をかけた金額だ。
だから、例を挙げると勤続年数20年の場合には40万円×20年で800万円、同じく勤続年数が30年の場合には40万円×20年プラス70万円×10年なので1,500万円が控除額となるわけだ。
そして更に、その控除後の金額を2分の1とした金額が所得金額となる。つまり半額しか課税されない事だ。
日経連がまとめた実態調査によると、大卒男子のサラリーマンが60歳で定年退職した場合の退職金は2,563万円だ。
この額を基にして上記の退職金の税率を当て嵌めて勤続年数を37年と仮定して計算してみると、退職所得金額は286.5万円となる。
この退職所得金額に所得税の税額(330万円未満は税率10%)を活用すると286.5万円×10%で28.65万円だ。
退職金の2,563万円からみて税額は約1%だから、どれほど退職金の税率が優遇されているかが把握できて興味深い。


退職金の税率と一時所得扱いについて

こういった具合に退職金は一時所得扱いとされているのでその税率は所得金額の計算自体が実に優遇されていて、税金の負担額は相当軽くなる事に。
このような退職金の税率を基に、税金の計算はその支給者の企業が実践して源泉徴収する。
退職者は会社に[退職所得の受給にかんした申告書]に勤務年数等の記載をして提出する必須事項がある。
この[退職所得の受給にかんした申告書]を会社に提出しなかった場合、退職金の税率を20%で厳選徴収されてしまう為、その場合は確定申告をして清算する必須事項があるので注意を要する。
そもそも退職金とは功労賞や賃金の後払いだとか、老後の生活を支える大切な資金であったりと、大きな意味をもつものだ。
だがしかし現状、退職金の支給額は少しずつ縮小風潮にあるみたいで、中小企業は大企業と比較してやっぱり金額面でも少なくなってきている為、なおさら退職金の税率にかんして気付いておく必須事項があるのじゃないだろうか。
要するに、一時所得扱いとされているので税金が安くなると云う事だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%80%80%E8%81%B7%E9%87%91&tbm=blg&output=rss&num=50






健康食品やサプリメント