<住宅ローン減税>住宅ローン減税の計算と手続き

住宅ローン減税について

住宅ローン減税

今回は、住宅ローン減税とは具体的にどのようなものなのかどうかにかんして、管理人の私が調べた結果を記述したいとおもう。
住宅ローン減税のシュミレーションが終わり金額が決定したら必要書類をもって確定申告に行きたいとおもう。
これをシンプルに解説すると、住宅を買い付けて10年以上のローンを組んだ時、10年間にわたって所得税を一定金額減額(控除ともいう)してもらえる制度と云う事に成る。
つまり、本当は支払わなくてはならない所得税を低減してもらえる制度の事なの住宅ローン減税と云うわけだ。
住宅ローンを組んだ事により、固定資産税等の税金に影響をあたえると云う意味じゃない。


スポンサードリンク

住宅ローン減税と所得税を減額してもらうための必要条件について

住宅ローン減税

平成21年度(2009年)の住宅ローン減税の計算と手続きにかんして役立つ情報を纏めてみた。
では、住宅ローンを組んだ事による所得税の控除とは、いったいどのような制度なのだろうか。
まず、前述したように、ローンの支払い期間が10年以上だと云う必要条件が有る。
お金があって、現金一括で家を購入するとか、5年ローンぐらいで家を購入すると云った人が居るのかどうかは不明だが、とにかく10年未満のローンでは住宅ローン減税の恩恵を享受する事は出きないと云うわけだ。
また、この対象となる住宅の広さにも規制が在り、床面積50u以上の住居と云う事に為っているようだ。
新築や中古住宅の購入に結びつくローンならほぼ大丈夫だろうが、リフォーム等によりローンを組んだ場合は、やや金額的に足りない事に成るかも知れないので注意が必須事項だ。
住宅ローン減税が活用される期間だが、現状までは10年間に渡って所得税が減税(所得税から控除)されていたが、平成19年度の控除額特例の創設により15年間に分割して減税するやり方との選択制に成った。
この制度は、毎月の住宅ローン減税の控除額(ex.3万円)よりも所得税額(ex.1万円)がおおくはない人が、この控除額を使い切れない事もある(exでは2万円が使い切れない)ための措置で、本来所得税額の低い収入の低い人や、扶養家族の少なくない人にも住宅取得の長所がおおく成った。
なお、所得金額が3000万円以上の世帯にはこの住宅ローン減税は活用されない。
あくまでも住宅ローンを組む事で生活が破綻しないようにと云う、庶民向けの減税制度なのだ。


住宅ローン減税での注意事項について

これ以外、住宅ローン減税の条件等にかんして記述したいとおもう。
注意事項としては、あくまでも住宅ローンを支出する人の所得税から減税されると云う事だ。
これはどういう事かと云うと、夫婦共働きで所得税を支出している世帯の場合、合算したり按分したりして所得を控除する事は不可能だ。
たまたま、住宅ローンを組んだ後、すぐに病気になって収入がなくなったり、転職等で収入が減り、夫の所得税からでは住宅ローン減税の控除額を使い切れない場合でも、奥さんの方の所得控除としては使用できない。
現実に、住宅購入時の男性は働きざかりで仕事も忙しい時期で、体調を砕く事もある。
意外とあり得る話な為、住宅ローン減税の恩恵を受ける為にも夫の体調管理には奥さんも充分に気を付けてあげた方が良いだろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






健康食品やサプリメント