<解体費>建物や家(住宅)の解体費の費用と経理処理

解体費にかかる費用について

解体費,建物,家

解体費とは、建物や家と云った住宅を撤去する時に生起する費用等の事だ。
解体費と云うのは、途方もなく支出がかさむと云う事を御存知だろうか?
土建屋が、重機をもってきて、一気にバラして、早くて1日、と云うペースで建物を解体していく様子は、本当にド迫力だ。
解体費にかかる費用と云うのは、どのくらいなのだろう。
増築もしくは立て直しと云う場合に、どうしても必須事項になるのが、解体費と云う支出だ。
例を挙げると、風呂の改修をすると云うような時に、風呂を壊して改修を開始する。
何もかも全部を解体すると云うと重機を使用する事に成るし、一部を解体すると云う時には、手で破壊していくと云う途方もなくたいへんな解体仕事を実践していく事に成る。
この解体をする時には、解体費の中に人件費と云う費用が勿論入ってくるし、これ以外の費用としては養生費、撤去費と云ったものも入ってくるのだ。


スポンサードリンク

解体費の内訳と経理処理について

解体費,建物,家

解体費の中の養生費用と云うのは、解体をする時に、廃材が外に落ちないようにまた埃が外に飛び散らないように配慮して、建物を囲うようにするシートの事だ。これを養生と云う。
この養生が大きければ大きいほど、u×単価と云う感覚で費用が増大する。
撤去費と云うのは、解体に拠って搬出される産業廃棄物や建築廃材の撤去費用の事だ。
壊してでてきた廃材は、撤去しなければならないし、この廃材を処分する為には、産業廃棄物処理場で焼却したり、埋め立てたりの金額がかかってくるのだ。
勿論、廃材は混合廃材が1番おおくなるから、どうしても廃棄物としての代金が大幅に成る。
解体費の内訳を大幅に分類すると、こういった養生費用、解体費用、撤去費用と云うものから形作られる。
前述したように、養生はu×単価と云うもので算出されるが、解体費用の場合、木造、鉄筋コンクリートと云った住宅の構造やその延べ面積等に拠って金額が大幅に変わってゆく事に注意が必要だ。
解体費は、経費会計上、その建物の残存価額から控除出きるので結果的に毎年の減価償却費の中に包括して経理処理出きる。


解体の必要事項にかんして

何もかも全部を解体する、と云う事になれば、何人も実在しない家をとり壊していくと云う工事に成る為、殊更に家の中に居る人間に気を使用しながら解体する、と云う事もないが、部分改築と云う場合、家の中に人が居住している事を大前提に解体していく事に成る。
途方もなく神経を使用する仕事になり、解体費もちょっと高くなるようだ。
いずれにしても解体費を決定すると云う事も、施主との会話を密接に実践していくと云う必要事項が有るのだ。
具体的には、どういった日程で解体を実践するのか、また庭の木のシフトや枝落とし、更にこれらの移植が必須事項なのかどうか、もしくは大きな家具のシフトが必要に成るのかどうか、そして、こういった事をどのタイミングで実践するのかどうかを、施主との会話通じて、お互いに承知し合った上で解体を進めていく事に成る。
壁や屋根と云う部分を破壊すると云う事に成ると、余計に施主との会話を密接にしておくと云う必須事項もでてくるのだ。
こういった具合に解体費と云っても、全般的に平米いくらだよ、と云うような計算は出きないのだ。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






健康食品やサプリメント