<確定申告の印鑑とは?>確定申告の印鑑と実印登録

確定申告で使用するべき印鑑にかんして

確定申告,印鑑

確定申告の印鑑、いったい何を使用したらいいか戸惑う人も少なくないのじゃないだろうか。
確定申告の印鑑と云うと、実印等のように何か特別なものが必要なのだろうか?
勿論サラリーマンのような企業に勤めている人ではなく、個人事業主の人やフリーターが自身で、もしくは税理士に依頼して実践するのが殊更に成る訳だが(勿論、企業勤務しながら副業をしていると云うライフスタイルの人もおおくいるとおもうが)、確定申告の印鑑として使用するものは、個人事業主が開業届に押下した印鑑や実印でないといけないのだろうか?
それとも確定申告の印鑑として、シャチハタのような認め印的なものを使用しても良いと考えられるか?
答えを云えば、印肉を使用するものなら、例え通常の認め印でも全く問題なく確定申告の印鑑として使用する事が出きる(つまり、[シャチハタ]と呼称されるものは使用してはダメと云う事)。
但し付加する注意点としては、確定申告で納税が必要になったケースなら、口座引落しのための銀行印が確定申告書の最後の欄に押印として必要になってくるのだ。
この点さえ失念しないようにすれば、確定申告のとき印鑑であわてる事はない。


スポンサードリンク

実印登録について

確定申告,印鑑

それにしてもハンコの世界は、[実印][銀行印][認め印]等とおのおの多種多様な名前もしくは名称があって途方もなくむずかしい。
これらの名称は要するに使用されるシーンに拠って使い分けしているにすぎず、物体としてのハンコ自体は同じものだ。
ハンコの実体自体は同じだが、[実印]の場合は、印鑑登録と云う手続きが必要で在り、印鑑登録の手続きを済たハンコの事を[実印]と呼称する。
印鑑登録とは、市町村の役場で自身で決定させた特定の印鑑(ハンコ)を登録してもらい、その印鑑を使用した時に、まさにその印鑑が登録した印鑑という事を証明してもらう為に実践するものだ。
この証明の事を[印鑑証明]と呼称する。
つまり、実印を押印したと云う事は、確実に本人が承諾の印をプッシュした事だから、実印は悪用されないように、管理は本当にキチンとやらないとならない。
また、実印は重要なハンコだから、長く使用出きるように、耐久性が高く摩滅しないような、高品質の材料で造られたハンコを実印として使用するのが良いとおもう。
実印登録が出きるのは日本に居住する16歳以上の人だ。実印登録は、本人が住民登録している市区町村役場で実践する。
一辺の長さが8ミリ以上25ミリ以下のハンコの他、免許証やパスポート等身分証明書をもって、更に登録費用を失念しないようにしよう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1







健康食品やサプリメント