電子印鑑作成方法と印鑑のスピード作成方法

通常印鑑の作成方法にかんして

印鑑,作成

印鑑(いんかん、英:seal もしくは stamp )は、木・石・角・象牙・金属・竹等に文字やシンボルを彫刻し、個人・団体もしくは官職のしるしとして、公私の文書に押し、その責任や権威を証明するものだ。
印、判、印判、印形、はん事もいい、紙等に印章をプッシュしたあとを印影と云う。また、印鑑をプッシュする事を押印(おういん)、捺印(なついん)と呼称する事もある。
印鑑の作成と云っても、その作成時期や目的は勿論人おのおのだが、親から離れて1人立ちする時や社会にでる時のほか、現状では卒業式のお祝い品として作成してくれる学校もあるそうだ。
何かと途方もなく大切な書類や手続きの時には出番となる印鑑だが、これを作成すると云っても実に相当の種類のものが在る。


スポンサードリンク

作成機を用いて印鑑をスピード作成する事について

印鑑,作成

印鑑作成として、まず初めに選択するべきものが、印鑑そのものの素材だ。
これは印材と云う言葉で称される事もあるが、これにも実に相当の素材の種類が在る。
一般的に著名な素材と云えば動物の牙や骨等だが、これ以外にも金属、石、植物、陶磁、プラスチック等に大別する事が出きる。
そして、これらを細かく閲覧すると、金属には金、銀、青銅や銅の合金や鉄、チタン等がある。
動物の牙や骨等では、象の牙、鯨の骨、水牛の角、マンモスの牙等がある。
これら動物の牙や骨等を印鑑作成機を用いてスピードアップしてつくり上げるのだ。
以下の素材としては石だが、これには青田石、寿山石、巴林石、昌化石、水晶等があげられる。
金属で著名な素材としては金で、歴史的にも金で出きた金印はたいへん優秀なものとされてきた。
近頃では、金で出きた印鑑さえも、印鑑作成機を用いてスピード作成出きる時代になった。


印鑑作成にベストな書体・印鑑作成キット・印鑑作成ツールにかんして

印鑑の作成に於いて、素材さえ決定すれば、次に決定するのは書体だ。
印鑑としての機能は殆ど変わらないが、現実にこれを活用する場面等に合わせて書体は決定される事が少なくないようだ。
代表的な書体としては、楷書体、行書体、草書体、篆書体、隷書体等が挙げられる。
勿論、電子印鑑でもこの考え方は全く同じで在り、印鑑作成キット・印鑑作成ツールにもこれらの書体は組み込まれている。
楷書体は一筆ごとにきっちり筆を放して記述されるいわば現代で一般的に使用される文字に近似しているもので在り、認印に利用される事も少なくないようだ。そのまま観てもやや詠みやすい文字体だと云えるだろう。
行書体は楷書体と比較するとつづけて記述される事がある文字体だが、これもやや詠みやすく、文字自体がやわらかい印象をあたえるため印鑑作成に利用される。これら2つと比較すると草書体はたいへん詠みにくい文字体だ。
一文字ごとに省略や簡略の方法をおぼえないと詠む事が出きない文字で、印鑑作成に於いても法人印としてはあまり用いられないようだ。
逆に法人の印鑑の時によく使用される文字体が篆書体だ。
この文字は個人のものとして作成される場合は殊更に実印として作成される事が少なくない文字体だ。
勿論、近頃の印鑑作成キット・印鑑作成ツールにもこのような機能はついてくのだ。
最後は隷書体だ。隷書体も楷書体や草書体とおなじ様にやや詠みやすい文字体で在り、使い道を問う事なく利用する場合が少なくない文字体で在り、印鑑作成キット・印鑑作成ツールにかんしても同様だ。
こういった具合に、素材と書体の組み合わせに拠って多種多様なバリエーションが誕生し、店や印鑑作成キット・印鑑作成ツールに拠っても多種多様なものが在るのが現状だ。

電子印鑑作成ソフト、フリーソフトにかんする記事について

私は、電子印鑑作成ソフトを捜している。
現状は、電子印鑑作成のフリーソフトを活用しているが、シェアソフト(予算は1000円前後)でもいいと思い、日付印、認印等 作成出きるものがないかどうかインターネットを中心に探し求めてみた。
可能な限り、綺麗なものを熱望している。活用するソフトは、OLE対応のものの範囲内で。以下がその回答だ。

 

<結論>
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2083144
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=982878

 

電子印鑑で何をするかによるが、[お遊び的]な画像をつくり上げるのみだったら上記に掲載されている物で充分だろう。
それ以上の電子署名レベルを電子印鑑作成ソフトで作成するのなら、シャチハタのパソコン決済プラスPDF&Acrobat等、電子署名に対応している文書フォーマットとソフトが必須事項だ。

エクセルを活用した電子印鑑作成方法にかんして

近頃私は、エクセルで作成した見積書に電子印鑑を用いてハンコを付けた。
名前もしくは名称のフォントはハンコらしい文字をダウンロードして用いていた。
ところが取引先にメールを送ったら相手のPCには、そのフォントが入っていない為、通常のフォントになってしまった。
エクセルを使用した電子印鑑作成方法として、エクセルにフォントの埋め込みは出きるのだろうか?
ついでにPDF作成ソフト<クセロPDF>を利用しているが、このソフトもフォントの埋め込み可能だろうか?
エクセルを使用した電子印鑑作成方法として、エクセルのみで問題解決したいと思い吟味してみた。以下がその回答だ。

 

<結論>
電子印鑑をJPGで作成して、EXCELに埋め込む方法がシンプルなようだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8D%B0%E9%91%91&tbm=blg&output=rss&num=50






健康食品やサプリメント