<保健所の健康診断とは?>保健所の健康診断と診断書・価格・料金

保健所で実践する乳児・幼児の健康診断にかんして

保健所,健康診断

保健所で健康診断と云うと、思い浮かぶのが乳幼児の健康診断だ。
赤ちゃんが誕生して初めての健康診断は病院でやるが、其の後の3ヶ月検診、6ヶ月検診、1歳検診等は保健所で実施する。これ以外にも乳幼児の歯科検診等もやってくれる。
保健所には常駐するドクターや看護師がいる訳でもない為、その時どきで近くの病院のドクターや看護師が持ち回りでやってきてくれる。
うちのわが子はもう発達して大幅になり、保健所で健康診断をする事はもうないが、子供が赤ちゃんの頃には何かしらの検診でしょっちゅう保健所で実践していたようにおもう。
同じくらいに誕生した大勢の赤ちゃんが泣いたり笑ったりと実に賑やかで、興味ない母親とも顔馴染みになって仲良くなった思い出がある。


スポンサードリンク

保健所の健康診断書の価格・料金について

保健所,健康診断

保健所で実践する健康診断では、どの赤ちゃんもワンワン泣きながら裸にされて体重を計られたり、身長を測られたり、とにもかくにも保健所の中は大騒ぎだったものだ。
裸のままであちこち連れ回され、途中でオシッコをもらしてしまい看護師に迷惑をかけてしまったのも現状では良い笑い話に為っている。
また、保健所の健康診断書や価格・料金も気に成るところだ。
子供を生み出して半年も経過すると母親も保健所で健康診断をしてくれて健康診断書も作成してくれる。産後の肥立ちをみるのだろうか。
身長、体重のほか、血液検査もしてくれた。
私は確か貧血だと云われたおぼえがある。子供がやや大幅に成ると、そのうちこそは注射もある。
父母に無理矢理押さえつけられながらドクターに注射を打たれてどの子も皆泣いていたものだ。
[助けてー][死ぬー][離せバカヤロー]と叫んでいる子供までいて、ドクターはたいへんだとおもったものだ。
また、保健所の健康診断書や料金も気に成るところだ。
以前私は、横浜市青葉区に居住していて診断書を発行してもらいたくて保健所の健康診断を受けた経験がある。
その位置は市ヶ尾の青葉区役所だった。
その時は保健所に健康診断書を2通ほど発行してもらって、料金は\5,000円以内だった気がする。
ついでにやや大きな病院で健康診断を受けるとしたら、既往歴や身長・体重・視力・聴力の検査や胸部エックス線検査、血液検査、尿検査、心電図検査等を含んだものに成るはずだ。
これらを全て検査したときの料金は、19,000円くらいだったとおもう。
健康診断は病院や各医療機関に拠っても質がちがうとおもうので電話で現実に病院の話を耳にしてから行った方が良いとおもわれる。


自治体に拠ってちがう保健所の健康診断の扱い、姿勢やポーズについて

保健所の健康診断の扱いは自治体に拠ってちがうが、京都市、宗像市、大田区、伏見、徳島、西京等は保健所の健康診断に対して途方もなく前向きな姿勢やポーズみたいだ。
何時も賑やかなイメージの保健所の健康診断だったが、普段はものすごく静かで閑散としているのだ。
ドクターや看護師はいなくて、保健指導に当たる専門家の保健師がいて、衛生の指導や食事の栄養指導等をしてくれる。
これ以外にもがんや生活慣例病の集団検診も実践しているようだ。其れから予約をすればエイズの検査や対話にものってくれるとの事だ。
そう云えば私は以前、保健所で乳がんのがん検診を受けた事がある。
役所から葉書が送られてきて保健所で受けたのだが、残念ながら近頃は健康診断をしていない地域も少なくないようだ。
保健所でやらない代わりに、指定の病院を案内してくれるのだ。
ドクターが不足しているからなのだろうか。
保健所で健康診断を受ける人用のドクターを常駐させておく事はむずかしいのかも知れない。
でも保健所までの距離が遠い人や、普段かかりつけの病院がある人にはそこの病院で健康診断を受ける方が良い時代なのかも知れない。

保健所と簡単に健康診断書を手に入れる方法について

これは自治体によりちがうようだ。
保健所に突如ブラッと行って簡単・シンプルに健康診断を受けられるものじゃないそうだ。
健康診断にはドクターや看護師、血液検査等の機材、検査結果を収集する業者等、多種多様な人がかかわると云う必須事項が在り、保健所の場合、その人達を常駐させている訳でもないからだ。
保健所の健康診断の場合、曜日が決定していたり、対象者を限定している場合が殆どだとおもわれる。
しかしながらこの事は、決して保健所で受けられないと云う事じゃない。
保健所は、地域住民の健康にかんして活動するところだし、健康診断は途方もなく大切なものだからだ。
自身の居住している管轄の保健所にTELして病院の話を耳にするのが、1番の最短距離の道だとおもわれる。
保健所で健康診断をする場合、性別や年齢に拠って受ける内容がちがう為、それを確認する意味でも電話が1番だとおもわれる。
また、たとえ保健所で健康診断を受ける事ができなくても、性別・年齢に拠って期間が決定しているが、その時期に申し込めば提携している病院でも受けられる場合もある。
現実には近頃はこちらのほうが主流かも知れない。市が実践して、病院に委託する場合料金は無料(公費)だ。
まあ、自治体に拠ってちがうとおもうが、一般人が保健所に出向いても、すぐには健康診断はやってもらえないとおもう。
ついでに私の居住する自治体の保健所の場合は、地域別に[市民健康診断]と云うのをほどこしていて、原則として40歳以上の人を対象に、尿、血液、血圧、胸部X線、胃部X線、心電図等と云った基本的な項目の健康診断を実践している。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






健康食品やサプリメント