<メタボリック検診の義務化>メタボリック検診の義務化と料金・罰則・罰金

メタボリック検診の義務化と料金・罰則・罰金について

メタボリック,検診,義務化,罰

メタボリック検診の義務化や料金、ペナルティ(罰則・罰金)にかんして多種多様に調査した結果をお伝えしたいとおもう。
厚生労働省は2008年度からメタボリック検診の義務化を決定した。
他に、厚生労働省が定めるメタボリック検診の内容や基準、腹囲、対象年齢等にかんしても決定された。
医療保険加入者自身がメタボリック検診を受けなくても、ペナルティ(罰則・罰金の事)は科せられないが、各健康保険組合は義務内容をクリアしておかないと、国から財務的なペナルティ(罰則・罰金)を科せられる。
この為、各健康保険組合は財政状態を逼迫させる可能性のあるペナルティを敬遠する為に、できる限り積極的に医療保険加入者に対してメタボリック検診を受けるように説得する事が待望されている。
次に、メタボリック検診の料金(自己負担額の事)にかんしてだが、普通は健康診断にプラスして実施される事がおおく、各自治体もしくは加入中の健康保険に拠って料金はちがうが、だいたい3,000円以内に納まるくらいの料金に為っているようだ。


スポンサードリンク

メタボリック検診が義務化された事にかんして

メタボリック,検診,義務化,罰

メタボリック検診が義務化される事になり、改めてメタボリック症候群への関心を深めている人も増大しているとおもう。
メタボリックシンドロームと云う言葉が、ここ数年の間で急速に普及し、すっかりこの名称が一般化したと云える。
しかしながら、このメタボリック検診にかんして、一般的にただしい認識がされているかどうか、はなはだ疑惑点もおおく、単順に太った人間に対して[あの人メタボだね]等と、お笑い的な用語として使用される事も増大している。
メタボリックシンドロームは単に[太っている]事を表しているのじゃない。
むしろシンプルに太っている事を表している訳でもないからこそ問題が深刻なのだ。


メタボリック検診が義務化された背景について

メタボリックとは内臓脂肪の累積により、高血圧・高血糖・高脂血症のうち2つが併発した症状の事を云う。
これが原因で動脈硬化や糖尿病と云った成人病に成る事が危惧されているのだ。
現状、年齢が40歳から74歳のうち、メタボリックシンドロームは約940万人、予備軍は1020万人とも云われている。
これは、合計すると1960万人がメタボリックシンドロームだと云う統計がでている事からも明らかだ。
この人数を男女別の割合で観ると、男性は2人に1人で、女性は5人に1人に相当する。
この状況が継続するといずれ成人病患者がおおく出現し、医療費を圧迫するとも云われており、国民のメタボ対策が急務だったが、厚生労働省は2008年度からメタボリック検診の義務化を実施する事を決定した。
これは企業の健保組合が年齢が40歳以上の加入者に[特定健診]を受けるよう義務づけた制度だ。
こうする事でメタボリック・シンドロームの制御かつ予防・改善を実践しようと云うのだ。
メタボリック検診をしていない健保組合には国からの助成金は与えられなくなり、更に一定期間内のメタボリックの減少率が基準に達しなかった場合は罰金まで科すと云う途方もなく厳格な制度に為っているのだ。

メタボリック検診を受ける事と3つのレベルに振り分ける事について

メタボリック検診を実践する事でメタボリック症候群に成る可能性がある人(予備軍)は、3つのレベルに振り分け、対策が実践される。
まず一番軽いレベルのもので[メタボ・ホワイト]。これは情報提供レベルとも言われ、生活習慣の見直しをするための情報が提供される。
以下のレベルが[メタボ・グレー]だ。動機付け支援レベルとも云われる。これは面接をいっぺん実践し、其の後6ヶ月後に改めて改善具合を評価する。
1番重いレベルのものが[メタボ・ブラック]だ。できる限り積極的支援レベルとも云う。
これは初めに面接した後も3ヶ月以上継続して支援を実践すると云うものだ。
そして6ヵ月後に再評価を実施する事に成る。
このメタボリック検診に拠って深刻な事態に成る前にメタボリックを制御かつ予防・改善し、生活習慣病から逃れようと云うものなのだが、こうする事で企業の負担が増す事に成る事から、多種多様な声が上がっている。
出きる事なら、国民の1人1人が日常生活の中でメタボ検診を受けなくても良くなるような対策をしたいものだ。
メタボリックシンドロームにならないように、常日頃から注意したいものだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






健康食品やサプリメント