<喉頭がんとは?>喉頭がんの生存率、治療、手術、術後

喉頭がんの生存率、治療、手術、術後等について

喉頭がん

喉頭がんの生存率は1980年代では66%位で、1990年代では85%位とそれほど低くはないようだ。
この高い生存率の背景には、放射線治療における照射技術の成長等があると云う。
喉頭がんの治療としては、早期発見の場合、放射線治療を行ない、発声機能を温存して癌(がん)の根治をはかる。
早期発見の場合、炭酸ガスレーザー手術と云った手術法もある。
早期発見を逃すと、喉頭の全摘出手術が中心となり、発声機能が失われる為、術後のリハビリテーションに拠って代用音声(人工喉頭等)を埋め込む必要がでてくるのだ。


スポンサードリンク

喉頭癌(がん)の原因について

喉頭がん

喉頭癌(がん)の読み方だが、[こうとうがん]であり[いんとうがん]じゃない・・・・・・念のため。
日本で喉頭癌(がん)にかかる人はあまりおおくない。
かかる人の割合は、なんと10万人に3人くらいと云う恐い患者率だ。
喉頭癌は、、男性におおくみられる癌(がん)だ。女性の10倍だ。
その原因の1つ・・と云うか、最大最高の原因が[喫煙]だ。
なんと喉頭癌患者の96.5%が喫煙者だったと云う恐るべきデータがあるのだ。
この結果、煙草を吸わない事こそが、喉頭癌の制御かつ予防に成ると言い切ってもいいくらいのデータだ。
仮に、煙草がなくなれば、喉頭癌(がん)患者数は30分の1に減少するだろうとも云われているそうだ。
年齢的には、60歳代後半が1番おおく、たぶん20歳くらいからずーっと煙草を吸い継続してきた結果だろうと云う感覚なのではないだろうか。


飲酒による喉頭癌(がん)の危険性について

喉頭癌(がん)の原因は煙草のみじゃない。
飲酒に拠っても危険性が高くなる。つよくお酒をグイッグイッと呑み込む飲酒家は注意が必要だ。
喉が焼けるような強力な酒が大好きな人は、危険度が高いと云える。
ヘビースモーカーで、毎日強力な酒を飲んでいる人は、生活習慣から改善していかないといけないだろう。
また、数年前から問題に為っているアスベストも原因の1つと云われている。
[俺どうしよう・・煙草も酒も大好きだ・・]と云う人。
喉頭癌は他の癌と同じく、早期発見が途方もなく大切だ。
喉頭癌は治癒率は70%な為、癌としては治癒率が高いものなのだ。
しかしながら、たびたび喉頭癌の検査を受ける・・と云うのも無理な話だ。
喉頭癌の初期症状としては、声がガラガラになってくるそうだ。
声がかれてるのは酒の飲みすぎだ・・と勝手に決めつける事は危険だ。
ガラガラ声が一ヶ月以上継続するようなら、すぐに喉頭癌(がん)の専門ドクターにでも診てもらった方が安全だ。

喉頭癌(がん)の症状について

喉頭癌(がん)の発症ヶ所にもよるが、食物を呑みこむ時に痛みを実感したり、異物感を実感する等等。
[何時も風邪は喉の痛みからくるから・・]と、自身の決断で風邪と決めつけてしまうのもダメだ。
単なる風邪なのに、内科で診察してもらう度に[先生、喉頭癌(がん)じゃないであろうか?]と聴くのも恥ずかしいかも知れない。
しかしながら、瞬間的な恥ずかしさをガマンすれば、喉頭癌(がん)を早い時期に発見出きるかもしれず、手遅れに成る前に完治出きるかも知れないのだ。
ドクターも、多少なりとも怪しいとおもったら[大きな病院で検査した方が良いかも]と云うだろうし、単なる風邪なら[大丈夫。風邪薬出しておくね]で済むはずだ。
とにかく、ヘビースモーカーの人は頑張って禁煙に向けた努力をスタートする事だ。
煙草1箱が1,000円、なんて増税論がでているし、自身の健康の為にも禁煙を頑張った方が良いかも知れない。
毎晩毎晩強力な酒を飲んでる人も、酒以外に何か1つでも楽しみを見つけさえすれば良いかもしれない。人間、酒を飲まなくたって生きていけるものだ。
管理人の私自身、アルコールは殆ど呑み込まないが、一応健康だ。
喫煙家ではあるが。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%97%85%E6%B0%97&tbm=blg&output=rss&num=50






健康食品やサプリメント