<妊娠糖尿病とは?>妊娠糖尿病の原因と症状、予防と治療法

妊娠糖尿病とは? について

妊娠糖尿病

妊婦が糖尿病に成ると云うのを耳にした事があるだろうか。
この妊娠糖尿病の診察基準って何だろう?とおもった為、妊娠糖尿病の原因と症状にかんして案内したいとおもう。
妊娠糖尿病とは、女性が妊娠する事をきっかけに糖尿病に成ってしまう病気の事で在り、妊婦の糖尿病として途方もなく恐れられている病気だ。
女性は妊娠すると、体内に胎児と妊婦の両方が同時に生きる為に、多種多様に釣り合いを組み替えていく体の仕組みに為っている。
妊娠すると母親と赤ちゃんをつなぐ活動をする胎盤と云うものがつくり出されるが、ここからインシュリン拮抗ホルモンと云う血糖値をアップさせやすい活動をもったホルモンが分泌される事も把握できている。
その為、妊娠中期と後期に於いては、インシュリンが効きづらくなり、血糖値がアップしやすい環境が造られると云うわけだ。


スポンサードリンク

妊娠糖尿病の原因と症状、糖尿病合併妊娠、妊娠中毒症について

妊娠糖尿病

健康な女性なら、すい臓からのインシュリン分泌を活発化させて血糖値が必要以上にアップしないようにアレンジ機能が活動するわけだが、体質的にインスリンを上手く分泌出きない人は、血糖値がアップしてしまう事になり、これが妊婦の糖尿病だ妊娠糖尿病の原因の1つだと云われている。
また、レアなケースとして本来糖尿病を患っていた女性が、妊娠したのをきっかけに血液検査してみたら糖尿病の発症が発覚すると云う事も有る。
この場合は、糖尿病合併妊娠と称される、妊娠糖尿病とは別の症状として扱われるべきものだ。
妊婦が糖尿病になると、胎児も高血糖の症状となる。
赤ちゃんは糖を脂肪として累積する為、母親が糖尿病の場合、いわゆる巨大児となって誕生する事が有る。
巨大児は産道を通りづらく危険性もある為、普通分娩は難しく、帝王切開となる事が少なくないようだ。
更に、胎児の高血糖の症状が重度に成ると、未熟児として早産の危険性もでてくると云う。
また羊水過多、妊娠高血圧症候群(いわゆる妊娠中毒症)等を誘発する事もある為、注意が必須事項とされている。
妊娠中毒症の場合、胎児への影響もあるし、注意が必要な病気では有るが、発症初期から治療を実践し、体内の血糖値を異常なくキープしていさえすれば、普通の妊娠と変わらない発育がみれる為、ドクターと対話しながら、治療に専念する事をお勧めする。


妊婦糖尿病の治療と再発の可能性について

妊婦糖尿病になると、血糖値が高くなり尿糖だってでるから、治療を受けた方が良い。
妊婦の糖尿病の治療にはでインシュリンの注射等が実践され、血糖値を下げ
る治療が実践される。
妊娠中の為、胎児への影響を考慮して経口薬の活用は控えられるのが普通だ。
また普通の糖尿病のように食事療法も実践され、妊娠に影響がないレベルのカロリー規制を実践していくのだ。
妊娠糖尿病と診察された人によると食事療法を兼ねたレシピが良いようだ。
いずれにしても出産後は治癒する事が少なくないものだが、基本的に妊婦は糖尿病になりやすい体質の為、悲しくも10年から20年後に再発すると云った可能性もあるようだ。
妊娠糖尿病の再発を予防する為には早期の検査だって必要だろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A6%8A%E5%A8%A0&tbm=blg&output=rss&num=50






健康食品やサプリメント