歯列矯正の装置・ブラケットやリテーナー 出っ歯の歯列矯正や体験談

歯列矯正の体験談その1(22歳女性)について

歯列矯正

以下の体験談は22歳女性のものだ。
[歯列矯正を開始したきっかけは、小学5年生の時で、現状は保定期間に入っている。
人と比較しても時間がかかった方だとおもうが、虫歯になったり、装置を付けるのを時々さぼったせいがあるかも知れない。
治療に通い出したきっかけは、母親が自身の口の中に八重歯を見つけた事だった。程なく母親が周りの人の口コミ等で見つけてきた医院に通いスタートした。]
そして[まず初めは上の奥歯に装置をひっかけるための器具を付け、夜就寝するときのみ装置を付け、奥歯をシフトさせ、下の歯列を拡大させる為の装置も入った。
この装置は入れ歯によく似ているそうだ。
毎晩2つも装置を付けるのは面倒な面もあった。
歯は1本のみ抜いた。過去に治療して半分以上紛失していた下の奥歯を抜いて、親知らずを前に引っ張って変わりの奥歯にしてしまう、と云うドクターの考えの下に抜いてしまった。
初めは奥歯に異和感があったが、現状は抜いた事を失念してしまうくらいのものだ。]
[付けていて1番辛かったのは、1番ポピュラーなマルチリンガルだった。
異物感は1週間ほどで無く成ったが、痛くても外せなく、装置と歯茎の間に食べカスがたまりやすい・・・・・・。
どうしても痛みが走るのでワイヤーを緩めてもらいに歯科医まで足を運んだ事も何回かあった。
現状はシフトさせた歯を固定するための保定装置を付けている。就寝時に活用する他、下の前歯の裏側にもワイヤーを付けている。
現実は未だに毎晩装置を付けるのが面倒だと実感している。
辛かった事も少なくない歯列矯正だが、写真で自身の笑顔等を閲覧すると、やっておいて良かったとおもう。]
この女性の体験談は、一般的にかかる期間よりも長時間治療にかかってしまったようだが、歯列矯正の流れ等の参照事項になりそうな体験談だ。


スポンサードリンク

歯列矯正の体験談その2(28歳男性)について

歯列矯正

次に、28歳男性の歯列矯正治療の体験談を観て行こう。
[歯列矯正治療をスタートしたのは小学校2,3年の頃の歯科検診がきっかけと成った。
下顎の小ささからこのままでは受け口に成る可能性が在り、そうなってからでは外科手術で顎を削らなくては治療できなくなる為、現状のうちに矯正をした方が良い、と云うのがその時の歯科医の言葉だった。
近くの歯科医院を薦められたのだが、永久歯が生え揃うまで暫く様子をみるように言われ、現実治療に通いだしたのは小学6年生の時だった。
歯は小学生で2本、高校生で2本抜いた。
抜いたところは正確におぼえていないが、第2小臼歯か第1小臼歯辺りの歯を上下左右合計4本だったとおもう。
学校で進められた近隣の歯科医院の場合、矯正歯科専門の先生が常駐しているのではなく、大学病院の先生が月に1度やって来る為、その日に合わせて通過していた。
矯正装置が壊れた際等は遠くの大学病院まで行かなくてはならない状態だった。
矯正装置は、小学生の頃に準備期間として、歯列を横に拡大させる装置を付けていた。
そして中学の頃に就寝している間にチンキャップを2,3年付けていた。マルチブラケットは大学から社会人の間4,5年つけていた。
つけてから2,3日は固い物が食されない状態だった。
其の後も固い物が食べ辛かったり、歯磨き時に取れやすかったりしたが、サークルのテニスの時等は殊更に支障はない状態だった。
其の後装置をはずし、下の前歯の裏にワイヤーをつけて固定し、通院は3ヶ月から半年に1回のペースに成った。
程なく仕事で地方に転勤になった為、装置をはずしてもらい、とりあえず矯正治療は完了した。
歯並びが良くなっても虫歯で歯を抜く等しては意味がない為、これからも歯磨きはガッチリしたいものだ。]
この男性の体験談は、1つの歯列矯正治療の例だが、体験談からも把握可能に、長い期間のかかる治療こそが歯列矯正のようだ。


アメリカの歯列矯正事情にかんして

日本では子供に最高の教育を与えよる為、親御さんたちは本当にたいへんな努力をしている事はよく認識されているが、ヨーロッパやアメリカでは教育が途方もなく大切な事は日本と同様だが、同じくらいの比重で矯正治療を把握しているそうだ。
殊更にアメリカでは、歯列矯正も親の義務の1つと為っているそうで、歯並びが悪いまま社会にでると云う事は途方もなく恥ずかしい事と把握していると云う。
アメリカに足を運ぶ事も少なく、アメリカ以外の海外でも仕事をする訳でもないから良いとおもう人も少なくないかも知れない。
しかし日本の中のみに居たとしても、アメリカ等の外資系の企業はおおく有るし、海外の人と接触する機会も少なくないとおもう。
アメリカへ出張等する人向けの英会話の教室もたくさん在り、ビジネスマン、若い女性等の英語塾は実に高額に為った。
その際口元と云うのはやっぱり気に成るものと言えそうだ。
日本の女性は口元を手で隠して会話をしたり、笑ったりしたりしている人も少なくないようだが、殊更にアメリカ等の海外の人との対等の会話の場面等では、歯並びが気に成ると云う事はこれがハンデに成る場合もでてくるようだ。
その人の努力等を最大最高限に活かすと云う意味でも、懸念材料は除去しておくと云うのも賢い方法なようだ。
歯並びが良いと、笑顔にも自信がでて、アメリカのみでなく日本国内でも勿論大いに役立つだろう。
アメリカに足を運ぶ場合は勿論、日本で暮らす場合も、未来の時代は歯列矯正が途方もなく大切にもなってくるのだろうか。

歯列矯正と抜歯の必要性について

歯列矯正治療で抜歯が必要な時、なぜ健康な歯を抜くと云う必須事項がでてくるのだろうか。
それは殊更に、上顎前突や下顎前突、上下顎前突等に於いて、歯を綺麗に並べるスペースを確保する為に、顎を拡大させる為や奥歯を後方にシフトさせるのが困難な場合があるからだと云う。
顎の骨が成長し終焉をむかえた成人の症例に於いてよくみられるそうだ。
この場合、抜くメインの歯は、前歯から数えて4番目の歯で、上下左右合わせて4本だそうだ。
咀嚼に影響の多くはない事や、部分的に前歯をシフトさせやすいところで在り、日本人にとって少なくないとされる[八重歯]になりやすい犬歯の側にある歯でもある事から抜かれる事に成るそうだ。
こういった具合に歯列矯正で抜歯等の目的の為に問題の無い歯を抜く事を[便宜抜去]と云うそうだ。
歯を抜かずに歯列矯正出きる場合もあれば、抜かなければ歯列矯正治療が困難に成るケースも在り、人に拠ってずいぶん変わってくるようだ。
健康な歯を抜きたいとおもう人なんてたぶん実在しないと考慮されるが、それは歯列矯正する側のドクターにも同じ事が云えるそうだ。
60年前のアメリカでの歯列矯正では、抜歯派と非抜歯派の論争が巻き起こり、その結果抜歯派が主流になったそうだ。
日本でもその流れを汲み、長期間治療の際に抜歯を実践する歯列矯正が主流だったようだ。
しかしここ10年で技術が進み、抜歯をしないで治療出きる歯列矯正もおおくなってきたそうだ。
健康な歯はできる限り抜かないと云う信念をもつドクターも増加し、書店で歯列矯正にかんしての本等を閲覧すると、その半数が[抜歯をしない]と云うような題名に為っているそうだ。
しかし疑う余地もなく抜歯を実践しない歯列矯正もただしいのだが、だからと云って歯を抜くのが悪いドクターとも云えないだろう。
歯抜せねばならないケースで無理に歯をそのままにしておくと、根本が解決していない為、歯列矯正により一旦は歯並びがキッチリとしたようにみえても、すぐにまた動作してしまう事も少なくないと云う。

歯列矯正ブラケットについて

歯列矯正の基本とも云える矯正装置が固定式装置だそうだ。
この代表的な物がリンガル・アーチと云われる物で、軽度の歯並びの矯正時に活用するそうだ。
町のちっぽけな医院でも充分対応出きる症状の時に殊更に活用されると云う。
リンガル・アーチよりも複雑とされる固定式装置に[マルチブラケット装置]があるのだ。
現状はリンガル・アーチより普及している歯列矯正の装置として認識されている。
これは、ブラケット、アーチワイヤー、第1大臼歯を固定する装置、上顎に当たるパット等から成るそうだ。
全部の永久歯にブラケットを付け、そこに弾力性のある矯正用ワイヤーを適合させ、その弾力を活用し歯のシフトを試みるのがこのマルチブラケットの特質だそうだ。
殆どの人がマルチブラケットを装着している人を目にした事があるのじゃないかとおもう。
笑った人の歯に銀色のこれが装着されている等と云う場面もよくありそうだ。
歯科矯正治療では、マルチブラケットが1番広く普及している矯正器具と云っても誤りがないようだ。
それほど歯並びをアレンジするうえで、合理的かつ安全性も高いと考慮されているためだと云う。
歯列矯正に拠って歯列全体に装着する場合もあれば、矯正の必須性のある1部分のみに装着する事もあるそうだ。
マルチブラケット装置を使用した歯列矯正方法は、エッジワイズ法と云われる方法を基本にして発展してきた。
この方法の一般論としてブラケットに多種多様な種類の弾力線を装着する歯列矯正があると云う。

歯列矯正と矯正装置にかんして

歯列矯正で活用される矯正装置には、大幅に分けて着脱式、固定式の2つがある。
どちらが優れていると云うわけでもなく、治療の使い道に合わせて使い分類されているのだ。
歯列の矯正装置は、歯をシフトさせるための装置だから、当然決定された時間装着していないと効果がない。
着脱式の歯列矯正装置は、患者の中にはドクターの指示通り装着しない場合もあると云う。
着脱式装置の[取り外せる]短所が無い物が、もう1つのタイプだ固定式装置と云える。
歯並びの歯列矯正装置の固定装置の中でもマルチブラケットと云う装置がポピュラーだが、その応用として舌側にブラケットを装着する舌側ブラケットがある。
マルチブラケット装置の弱点が、ブラケットを歯の表面に設置する為、口元にブラケットがむき出しと云うのが審美的に敬遠されてしまう点にあると云う。
この問題をクリアする為に金属以外の素材も歯列矯正に活用されているが、更に審美的スマートさを求める人達にとっては物足りない内容と言えそうだ。
その様な人達の中には、営業職、受付業等常に人目にさらされ、その印象も仕事に関係するとされる人達が[どうしても人目に付かない形で歯列矯正したい]と熱望する場合も少なくない。
このような歯列矯正を熱望する人達に根つよく支持されているのがやっぱり[舌側ブラケット法]だと云う。

歯列矯正とリテーナーにかんして

リテーナーとは、マルチブラケットによる歯列矯正治療を実践し、歯並びと咬み合わせをアレンジしたあとにそれを落ち着かせるための装置だ。
歯列矯正にかんした多種多様な装置は歯や顎をシフトする為の装置だが、リテーナーは歯をシフトさせないようにするものだ。
歯列矯正による歯のシフトは歯の周囲の骨がとけたり、新しく出きたり生じるようだ。
この為、歯列矯正による歯のシフトが完結した後も歯の根の周囲の骨等はガッチリつまっているのではなく落ち着きのないのだそうだ。
また歯と歯茎を連結する線維の形はシンプルには変わらず、新しい歯の部分から元の部分に引きもどす力を歯にあたえている。
リテーナーの目的は、歯列矯正後に歯の周囲の骨がガッチリ締まって、歯と接続している歯茎の繊維の形が新しい歯の部分に馴染むまで暫くの間歯を押さえ、[後戻り]を防ぐ事と云える。
リテーナーは取り外す事が出きると云う。
しかしながら、マルチブラケットをはずして1年くらいの間は歯列矯正でシフトした歯がまだ落ち着いていない為、この期間中は歯磨きの時を除いて、食事中も装着しておくと云う必須事項があるようだ。
もし装着を失念すると、その間に歯がシフトしてリテーナーを装着しようとしても、入らなかったり、実に痛かったりする為、油断せずガッチリと装着する必須事項があると云う。

歯列矯正と出っ歯の矯正について

子供の場合に生じやすい歯並びで少なくないものの1つに上顎前突がある。
これは俗に云えば、[出っ歯]と云われるものだ。
この上顎前突[出っ歯]は日本人に少なくないと云った認識もおおくありそうだが、この[出っ歯]は、欧米の人々にも同じくらいの比率で生じている症状なのだそうだ。
現実には同じくらいの比率でおこる日本人と欧米人の上顎前突[出っ歯]だが、厳密に分けると[出っ歯]の症状にはちがいがあるそうだ。
日本人の[出っ歯]の場合は、上顎前歯の前方傾斜が少なくないとされている。
つまり歯の生えている歯槽突起部の傾斜が少なくないと云う事だと云う。
これに対して欧米人の[出っ歯]の症状は、上顎骨全体と云うか、そのものの前方位によるものが目立っているとも云える。
歯列矯正を考慮した場合、日本人に少なくない上顎前突[出っ歯]は、欧米人の場合より治療はやや容易だと考慮されると云う。
上顎前突[出っ歯]の原因としては、多種多様な症状のタイプが有る為、全般的には定義出きないのだが、子供の時期に生じる物としては唇の問題があるそうだ。
さあ、歯列矯正で出っ歯を矯正してみてはどうだろうか?

歯列矯正・受け口にかんして

歯列矯正を実践する歯並びには上顎前突[出っ歯]等が在り、これは口呼吸や母指吸引癖等から生じてしまう歯並びでもあるようだが、これについで歯列矯正を熱望する人が少なくない不正咬合に下顎前突、俗に云う[受け口]があると云う。
俗に云う[受け口]を歯並びの悪さとは関係の無い、先天的な顔の特質とおもっている人も少なくないのではとおもうが、[受け口]も歴然とした不正咬合だと云う。
下顎前突に拠って他人に対してコンプレックスを実感する人も少なくないそうで、歯並びの矯正(歯列矯正)が実践される頻度は高いと云う。
下顎前突[受け口]は、一見すると怒っているような印象をあたえたり、閲覧する角度に拠っては笑っているような表情にもみえたりして、このような事からも弊害がおきてしまう。
この俗に云う[受け口]と云う歯並びは、殊更に日本人のみに少なくない歯並びじゃないそうだが、それを気にして[受け口]の歯列矯正等を実践する人の数が少なくない為に[日本人に下顎前突が少なくない]と云った認識が広まっているのかも知れない。
子供の頃は目立たなかった下顎が年齢と共に前突する為、その時期の生活習慣等に問題があったのかとうっかり勘ちがいする人も居るそうだが、[受け口]に成る原因は遺伝としての骨格や子供時代の歯並びにとっくに隠されていた、と云った場合が殆どだそうだ。
下顎前突、俗に云う[受け口]歯列矯正を考慮する場合、可能な限り早い時期に[受け口]の症状に気付き、歯列矯正歯科をやってくる事が求められている。
小学校入学後でも歯列矯正は遅くはないが、それ以前の幼稚園でも歯列矯正にかんしては何の問題もないようだ。

歯列矯正の期間と流れにかんして

歯列矯正の治療期間は、症状に拠って個人差があるそうだが、マルチブラケットと云う装置を付けてから2から3年くらいが一般的だそうだ。
中には3年以上かかる場合もあるそうだ。
歯列矯正の治療方針に拠っても治療期間が大幅にちがってくる為、自身の予定等も担当のドクターに伝達しておくと云う必須事項が有る。
また子供の場合の歯列矯正治療は、歯の動きもよく、成人よりやや早くマルチブラケットの装着期が完了するそうだ。
マルチブラケット装置と称される器具の後にリテーナーと云うものを付けるそうだが、その期間も最低でも1年、矯正期間と同じもしくはそれ以上の期間にわたって活用するのが望ましいとされている。
治療の流れは、まずやっぱり医院探し求めから開始するが、口コミ、案内、インターネット検索、タウンページ、ミニコミ誌の広告等多種多様な方法で、何件かピックアップするのが良いようだ。
そしてまず初めは治療にかんしてのシンプルな質問を電話やメールでしてみたいとおもう。
スタッフの受け答えや電話の対応、返事の早さ、丁寧さ等、対話にかかる費用・時間等を点検するのが肝心なようだ。
初診・対話は、ドクターに歯の具合を丁寧に診てもらい、把握できる範囲での期間・費用に対するガッチリとした解説、どのような治療をするか解説を受ける。
疑惑等が改善出きるレベルに達するまで、何回も対話した方が良いだろう。
聞きたい事を箇条書きでメモしていく等も良い方法のようだ。
そして診察と矯正治療の計画の為に必須な検査が実践されると云う。
歯や顔の写真、歯や顎の骨のレントゲン、歯型を取る等多種多様な検査が実践されるようだ。
1つ1つの検査が何のためのものか解説が無い場合等は確認をすると良い。
そして検査結果と診察の解説が実践され、歯列矯正前の治療、抜歯を実践する場合もあるそうだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






健康食品やサプリメント