<後期高齢者医療制度とは?>後期高齢者医療制度のあらましと基礎知識や問題点

後期高齢者医療制度のあらましについて

後期高齢者医療制度

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)にかんした法律が2008年4月1日より施行された事で、高齢者のいる世帯はパニックを生じているようだ。
これは、例えその制度があるレベル定着したとしても、継続する問題だろう。
未来の医療費の確保こそが、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の名目だ。
高齢者が増大すると云う事は、高齢者にかかる医療費が多額になり、サポートにもお金がかかる。
これをどこから捻出するかと考慮した場合、負担の多くはない高齢者から保険料を頂こうと云うのが国の出した後期高齢者医療制度のあらましだ。
この制度が定着する事で、その分の料金は医療費として未来へ配分される事に成る。
とっくに国は年金問題のせいで、貯蓄と云う制度に対する信用を失っている。
このような状況で、国が長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定に踏み切った影響は大きいとおもわれる。
結局のところ、高齢者の生活水準が低下するだけであり、生活格差の広がりに結びつくのは容易に想像出きる。
また、この制度の制定は、政治にも大きな影響をおよぼす事に成るだろう。
政権がどう変わろうと、現状以降この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の呼び名が変わる事はあっても、制度自体が変わる事はないだろう。
以上が後期高齢者医療制度のあらましだ。


スポンサードリンク

後期高齢者医療制度の改革にかんして

後期高齢者医療制度

高齢者の医療費にかんしては、現状までは老人保健法と云う法律による医療制度に拠って制定されていた。
これが、2008年4月1日から長寿医療制度(後期高齢者医療制度)で制定された事項に従うと云う事になった。
今までの老人保健法による医療制度と云うのは、市町村が運営の主体を担ってきた。
これに対し、ここでの長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の改革に於いては、県内の市町村が加入する広域連合が運営と管理をする事になった。
よって、これまでは健康保険に加入している事で医療費負担の低減や保険料の免除が実行されてきたわけだが、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の定める加入条件によると健康保険から離脱し、県の後期高齢者保険に加入しなければならない必須事項が誕生してしまったのだ。
つまり、75歳になったから、もしくはもう既に75歳以上だからと云う事で、健康保険を自身で離脱し、改めて県の後期高齢者保険に加入するような事はしなくて大丈夫と云う事だ。
この独立感こそ、ここでの長寿医療制度(後期高齢者医療制度)へ移行した最大最高の改革の意義だと云う。
つまり、保険料を支払わなくて良かった今までの制度から、保険料を支出する制度へと移行する事が可能になった訳だ。
現実にはあまりピンと来ない人が殆どだろうが、後期高齢者医療制度の改革により、いきなり現状までの保険会社を別の会社に強制的に変更させられたと考慮すると把握しやすいのじゃないだろうか。


後期高齢者医療制度の基礎知識にかんして

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)にかんして是が非でも気付いておきたい基礎知識としては、自身の居住している都道府県に拠って保険金の額が変わると云う事だ。
日本と云う国が管理していた健康保険に拠って保険料の支払いをしていた為、これまでは全国一律の保険料だった。
しかしながら、ここでの後期高齢者医療制度の改革後は、都道府県が運営する[後期高齢者医療広域連合]に保険料を支出する事になった。
つまり、シンプルに保険料の金額も変わってくると云う事だ。
よって、同じ日本に居住している者同士であっても、保険料は一律ではなくなると云う事だ。
この事は、後期高齢者医療制度の基礎知識としては途方もなく大切な事だ。
では、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に変更された事で、一体何がどうちがってくるのだろうか。
現状までに明白に判明している事実としては、医療費の高い都道府県ほど、保険料も高額に成ると云う事だ。
例を挙げると、福岡や北海道は1人当たりの医療費が高い都道府県として共通している。
福岡や北海度は、各々年間の平均保険料が8万から9万、7万から8万とされており、平均よりも少し高額に設定されている。
また、高額所得納税者のおおく居る東京都、愛知県、大阪府、神奈川県等は、平均保険料が相当高く為っているようだ。
他方、東北地方は全体的に観て安く為っている風潮だ。
これが一体何を意味しているかと云うと、地方に拠って保険料負担の格差が大きすぎると云う事だ。
これも後期高齢者医療制度の基礎知識として途方もなく大切な事だ。
例を挙げると、東北地方の青森県や岩手県と首都圏の東京都や神奈川県では2倍近い保険料支払額の格差があると云う。
同じ日本に居住しているにもかかわらず、支出する保険料の金額が2倍近くちがうと云うのは非常識だ。

現状以降、相当の国民から不満がでる事も予測出きる為、恐らく高いほうの金額水準に合わせて、制度が運営されていく事が予測される。
よって、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)で田舎の方が保険料が安いから田舎に居住する方が良い、等の考えはあまりもたないほうが良いとおもわれる。
以上が後期高齢者医療制度の基礎知識だ。

後期高齢者医療制度の問題点にかんして

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定に拠って、これまでの制度と変更した点が何種類かある。
これまでとはちがう訳だから、気付いていないと後で痛みが走る目にあう可能性は充分予測される。
ここに後期高齢者医療制度の問題点があるのだ。
この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に於いては、新しい制度として[高額医療・高額介護合算制度]と云う制度が造られた。
これは、同一世帯における被保険者が[介護保険サービスの活用者負担]と[後期高齢者医療制度における患者負担]の両方の自己負担額を抱いている場合、これらの合算額が定められている年間の上限額を超過していたら、その負担にかんして低減しようとする制度なのだ。
なお、問題点として申請が必須事項で在り、該当する場合は確実に申請した方が良い。
さらに、上限額として[介護保険サービスの活用者負担]と[後期高齢者医療制度における患者負担]の合計額が、一般は56万円、現役並み所得者が67万円と為っている。
例を挙げると、78歳の一般的に該当する人が、[介護保険サービスの活用者負担]で40万、[後期高齢者医療制度における患者負担]で30万、年間費用として判明したとする。
この場合、[高額医療・高額介護合算制度]を申請する事で40万プラス30万-56万=14万円が手元に返還されるのだ。
この事は、長寿医療制度における問題点ではなく、プラスの面の1つだと云えるだろう。

後期高齢者医療制度の基本的な考え方にかんして

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が4月1日に実施されて以降、とっくに多種多様な社会問題が生起し、多種多様な報道がなされている。
ただ、これらの報道に拠ってもたらされる情報のおおくは、トラブル続出の本質的な情報ではなく、シンプルに社会に騒ぎが生起した事を伝達しているのみ、と云う印象で、真実に有用な情報とは云えない。
そこで、ここでは長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の学習しておくべき基本的な考え方にかんして、この制度の該当者のみでなく、該当する人が家族中にいると云う人も役立つ情報を手に入れた方が良い。
まず、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に拠って、健康保険から県の後期高齢者保険制度へと移行する事に成る。
この移行する人数は、日本の総人口のうち約1,300万人と云われている。
この人数は、日本の全人口のうち約10%に当たる75歳以上の高齢者にプラスし、65歳以上の一定の障害をもった高齢者をも合計した人数と云う事に成る。
そして、これら1,300万人の高齢者のうち、現状までは被扶養者だった為に保険料が必須事項じゃなくなり、後期高齢者医療制度の変更により新たに保険料が必須事項となった人達は約200万人と云われている。
新たに生じる保険料の支払い額は、一月あたりに平均6,000円レベルと云う計算なので、200万×6,000円=120億円が毎月国におおく収められると云う事に成る。
それでも、日本の医療費は年間31兆円、そのうち国が負担している金額は8兆円と云う事を考慮すると、このお金がどのレベル社会のプラスになったかどうかは、正直云って不明だ。
以上が、改革後の後期高齢者医療制度の基本的考え方だ。

後期高齢者医療制度と医療費にかんして

伝統的長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の改革に拠って、高齢者の支出する保険料に大きな変化がやってきた。
そしてここでは、後期高齢者医療制度と医療費にかんして観てみたいとおもう。
では、医療費にかんしてはいったいどうなったのだろうか。
2008年4月現状、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)による医療費の変動はない。
以前と同様、通常は1割負担で在り、ある一定以上の所得がある現役の社会人の場合だけ、3割負担と為っている。
これにかんしては現状のところ変化はない。
しかしながら、75歳以上の高齢者の場合、話は変わってくるのだ。
現状70歳から75歳の前期高齢者と称される人々にかんしては、2009年の4月以降の窓口負担が2割にアップすると云う。
出きる限り高齢者の医療費負担を減少させるように、該当する人とその家族は現状のうちにあるレベル予算を確保しておいたほうが良さそうだ。
なお、入院時における食費や居住費等の医療費負担額にかんしては、これまでと変更はない。
すなわち、療養病床以外の医療費にかんしては一食ごとに標準負担額を支出すると云うシステムのまんまで在り、療養病床の場合は1食ごとに、居住日は一日ごとに支出す。
高額医療費の支給にかんしても、これまでと同じで変更はない。
高額医療費制度とは、一ヶ月間の窓口負担額が限度額を超過した場合に、請求すれば限度額を超過した金額分を返してもらえると云うシステムだ。
よって、制度が長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に改革されたからと云って、高額医療費制度を活用できなくなると云う事じゃない為、落ち着いて対処して欲しい。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8C%BB%E7%99%82&tbm=blg&output=rss&num=50






健康食品やサプリメント