<私立大学の学費>私立大学の学費の統計結果と比較

私立大学の学費の統計結果と公立大学との比較について

私立大学,学費

私立大学の学費の統計結果を観ると、公立大学の学費と比較してずいぶん高額に設定されている事が把握できる。
そもそも私立大学とは、私立の大学の事で在り、国や公的機関が経営するのではなく私立学校法に基づいて学校法人が経営する大学の事を云う。
基本的にはそのまま[しりつだいがく]と呼称しても問題ないが、[市立大学]とは分類する為に[わたくしりつだいがく]と詠む場合もある。
同じように[市立大学]も[私立大学]と呼び分ける為に、殊更に[いちりつだいがく]と詠む場合もある。
近頃では、造改革特別区域であれば、学校法人に限定されず株式会社や特定非営利活動法人でも経営出きるようになった事は記憶に新しい。
こういった具合に私立大学は公的な学校法人とはちがうので政府からの資金援助が殆どないと云って良い。
だがしかしながら、その代わりと云うわけか政府からの管理や指揮を受けつける必要も無い為、おもったより自由な校風や勉学制度が実施されている。
確か、教育自由の原則等も日本国憲法で保障されている。
ついでに日本では私立といえど学校なので公的な性質を持たなくてはならず、全く国からの管理や指揮命令系統に属しない訳でもなく、反対に政府からの資金援助金も当然ゼロ円じゃない。
そうは云っても、やっぱり公立の学校とちがい、その経営に掛かる費用の殆どを授業料で賄わなければならない。
その為、私立大学の学費・授業料は国立や公立の大学より相当高額に成るケースもある。


スポンサードリンク

私立大学の学費の統計結果と文系・理系の金額のちがいについて

私立大学,学費

ただし私立大学の学費の統計を観てみると、それぞれに拠って具体的な学費の金額はまちまちという事も把握できる。
私立大学の中には公立と同じくらい学費の安い大学もある。
基本的に授業の内容や学部が高度で充実している私立大学ほど学費は高く、そうでないほど安い学費と為っている。
疑う余地もなく医学部の統計のように、私立大学の学費は公立よりも遥かに高いケースもあるが、、公立には出きないようなサポートが多種多様と受けられる長所がある場合もある。
だが、学費が高ければ高いほど質の良い私立大学かと云うとそうとも限らない。
受験の前に熱望校がどういう学校なのかはガッツリと吟味するようにしよう。もし殊更に熱望する大学がないのなら、東京6大学がお勧めだ。
ネームバリューもあるし、OB・OGがどこの超有名企業の中にもいるから人脈にもなる。
更に、スポーツのイベントもおおく、野球にラグビーと見所も満載だ。
少子化により10年くらい前よりも圧倒的に東京6大学には入学しやすく為っている近頃、とりあえず目標にしてみる価値はある。
話をもどすが、私が私立大学の学費の統計を観た結果、具体的に私立大学の学費がいったいどのくらいの金額かと云うと、それは学校や学科、理系か文系か等のちがいに拠って全くちがってくる事が把握出きた。
基本的に文型の方が理系よりも学費が割安で在り、法律、経済、教育学部等はおもったより安いが、それでも初年度だと最低でも100万円前後の支出は必要だ。
これは授業料だけの話ではなく、合格した初年度には入学金が必要となるからだ。
これも学校に拠ってまちまちだが、2年目以降は50万円前後の支出はみておいたほうが良いだろう。
更に私立大学の場合だと、理系や医学部に成ると、この数倍の支出が必要に成るとおもったほうが良いだろう。
大学受験って、受験を突破するのみでも途方もなくたいへんだが、私立大学の学費は高額な為、金銭的な意味でも途方もなくたいへんな事なのだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1







健康食品やサプリメント