<国立大学の学費>国立大学の学費と免除と奨学金

国立大学の学費→医学部や大学院、国立音楽大学の学費について

国立大学,学費

国立大学の学費には、文科系、理科系のみでなく、医学部や大学院もあれば国立音楽大学の学費もある。
国立大学の学費が私学の大学より格安だ事は、誰でもそれとなく熟知しているとおもうが、現実、文科系の国立大学と私立大学の学費とでは、条件が同じであれば、2倍近い差ががある。
遠方の国立大学へ入学した場合は、勿論下宿やアパートから大学に通う事に成るが、総合すると生活費の増加分は同じだから、4年間ベースで考慮した場合、国立大学と私立大学の学費との差に変わりはない。
文系でこれだから、理工系や医学部では、国立大学の学費と私立大学の学費の差額は10倍近くに跳ね上がる。
こういった具合に医学部、大学院、国立音楽大学等に拠っても差がある為、いっぺん、学費一覧を参照して欲しいものだ。


スポンサードリンク

安い国立大学の学費でも留年・休学すれば予定よりもかかる事について

国立大学,学費

国立大学の学費は、文科系でも理科系医学部でも、それほどの増減がない事を意味している。
国立大学の学費と私立大学の学費のちがいは、結局のところ大学に支給される補助金、つまりは税金のちがいで生じるものと云えるが、出きるなら子供の出来が良くて、国立大学に合格してもらう事を、現状も昔も変わらず、親は熱望しているはずだ。
とはいえ、安い国立大学の学費といえども、子供が留年や休学すれば予定よりもかかる事がある事も計算に入れておいた方がよい。
学費の安い国立大学は、東京大学や京都大学、東北大学や九州大学、北海度大学や大阪大学、名古屋大学等、旧帝大は、現状でも大大人気で、狭き門だが、頭が良くて勉強が出きるからと云って、このような国立大学に入学出きるかと云えば、話はそうはシンプルじゃない。
受験勉強は、現状ではあたかも情報収集戦のような様相を呈している為、受験予備校へ通わせて、戦略的に受験勉強をしないと、著名国立大学へ合格する事はむずかしい。
こういった具合に、大学に入る前にもお金がかかる事で、受験生をもつ親には、大学に合格しないのも問題だが、下手な私立大学の理工系や医学部に合格されても、高い学費の過大な負担が圧しかかる事になりかねない。
更に、安い国立大学の学費といえども留年や休学すれば予定よりもかかる事も念頭に置いておいたほうが良い。


奨学金と学費の免除制度について

いくら国立大学の学費が安いからと云っても、入学した初年度では平均80万は必須事項だ。
それも文科系の話で、理科系、医学部では更に高額な学費に成る。しかも近頃の国立大学の学費は値上げされる風潮にある。
国の予算削減と、少子化による入試熱望者の激減で、著名国立大学ではいざ知らず、地方の学校は統廃合の危険性もある始末だ。
このような経済的危機状況にある国立大学であっても、奨学金のように学費の免除制度がある。
しかしながら、経済的危機状況にある学校は、入試の定員割れを防ぐ為に、合格者が定員に満たない場合、その欠員を2次試験の募集人員を増やしてフォローする等、苦肉の策をとっている国立大学もあるほどだ。
現状以降は国立大学の学費と私立大学の学費の差が縮まると云われているが、その前に国立大学の何種類か消滅する時代が到来する。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






健康食品やサプリメント