マウンテンバイク(mtb)と自転車ダウンヒル、マウンテンバイク(mtb)と人気の峠コース

マウンテンバイク(mtb)のダウンヒルタイプとオンロードタイプについて

マウンテンバイク,mtb

マウンテンバイク(mtb)と云う名の自転車ダウンヒルが近頃人気だ。
ダウンヒルは峠を下る事で、マウンテンバイク(mtb)に限らず一輪車やロードバイクでも注目されている。マウンテンバイク(mtb)で人気の峠コースは箱館山、陣馬山、野沢、函館山、那須のようだ。
では、マウンテンバイク(mtb)にはダウンヒル向けに造られている部類のものがあるのを御存知だろうか。
これだけ抜粋しても何の事だかさっぱり把握出きにくいはずだ。
マウンテンバイク(mtb)とは山道等のオフロードを爽快に走り抜ける事に適している自転車の事で在り、他方、ダウンヒルとはマウンテンバイク(mtb)の中でも山の坂道をすばやく下るための仕様に為っているものの事を意味する。
総じてこのダウンヒルタイプは、ダウンヒルに耐えられるような頑丈なつくりに為っている事は形状を観れば把握できる。
このダウンヒルタイプの場合、明白にオンロードタイプ車と比較した場合に頑丈に造られているのが把握できる。


スポンサードリンク

マウンテンバイク(mtb)とオートバイのちがいについて

マウンテンバイク,mtb

マウンテンバイク(mtb)の名称にかんして、私の周りに不思議におもう人達が数多かったので補足しておこうとおもう。
いったい何が不思議なのかと云うと、[バイクと云うのに自転車?]と云う点が不思議なようだ。
バイクとはエンジンやモーターを搭載した二輪車の事で在り、自転車の事はサイクルやバイシクルと云うはずじゃないかと。
現実は英語圏ではBikeとは自転車の事を意味するのだ。自転車を意味する、と云うよりは車輪が2つの乗り物を全体的にバイクと呼称していると云ったほうが正解だろう。
その為、マウンテンバイク(mtb)と云うのは山道を走る自転車をしめす事になり、我々日本人の感覚とは少々相違する。
ついでに自動二輪車の事はAuto Bikeと云う為、これは日本語のオートバイに相当する。
オートバイクと為っている名称を変に省略して[バイ]にしてしまっている為、余計にバイクとオートバイが結びつかないのだろう。


マウンテンバイク(mtb)とダウンヒルについて

マウンテンバイク(mtb)以外にもダウンヒルと云う競技が実在する。
ウインタースポーツに関心が高い人ならすぐにピーンと来るかも知れないが、スキーやスノーボードにはダウンヒルと云う競技が実在する。
これらの競技は、ゲレンデつまり山の斜面をどれほどスピーディーに滑り降りる事が出きるか、と云うタイムを競い合う競技だ。
マウンテンバイク(mtb)のダウンヒルも本来ウインタースポーツのように、いかにスピーディーに山道を下るれるかと云うタイムを競い合うものだ。
さすがに競技としてマウンテンバイク(mtb)のダウンヒルをしている人はそれほどおおくないとはおもうが、基本的には悪路しかない険しい山道を自転車で下ると云うのは爽快な為、なかなかどうして豪快な趣味だとおもう。
だが、たとえどのようなに爽快な気持ちに成る事が出きても、危険があっては意味がないし、そこでマウンテンバイク(mtb)のうちダウンヒル仕様に造られているものは、足回りのサスペンションが通常の自転車よりもやわらかく、そして頑丈に造られているのだ。
また直接地面に接触するタイヤやそのホイールは相当頑丈なつくりに為っている。
当然、その分価格も高くなるが、そこはダウンヒルと云う趣味の金額なので、お金の問題じゃないと云う人によく売れているそうだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






健康食品やサプリメント