<ルイガノ自転車>ルイガノ(louis)自転車の通販情報とLGS―CM、クロスバイクなど

ルイガノの自転車の大人気製品と通販にかんして

ルイガノ,louis,自転車

ルイガノ(louis)はカナダの自転車メーカーだ。
ルイガノの大人気製品と云えば、mv1、mv2、mv5、tr1(tr-1)、tr2、rsr4、jedi(ジェダイ)、lgs-cmだろう。
他にもルイガノの代表的な自転車は、クロスバイク、キャスパー、ミニベロ、xc aerial、bart、dw、lgs-tr2等であり通販でも大人気だ。
ルイガノ(LOUIS GARNEAU)は、本来カナダに拠点を置く自転車用アパレルメーカーだ。
日本ではアパレルよりもスポーツサイクルメーカーとしての知名度が途方もなく高いが、これは日本の商社が台湾で製造した自転車をルイガノブランドで販売した事による。
機能・品質に対して低価格であった事と、シンプルなデザイン、相当のカラーバリエーションを供給した事から日本でも大人気になり、現状では相当のラインナップを繰り広げている。
また、日本の商社が一緒に企画に参加している為、日本国内のトレンドにも途方もなく敏感で在り、他社にヒット製品があった場合、その翌年にはこれより発展した形の自転車としてラインナップに組み込んでいる事が少なくない。
次に、近頃のルイガノの自転車にかんして観てみよう。
ルイガノはカナダの自転車メーカーと云っても、カナダで作成しているのは自転車本体ではなく、スポーツウェアやヘルメット、グローブと云ったものばっかりで、日本で販売や通販の対象に為っているルイガノの自転車は、現実はブランド名を借りて日本の企業が台湾で造らせているものだと云う事を御存知だったろうか。
ルイガノに限らず、ジャイアントと云うメーカーも台湾のメーカーだが、現状の世界の自転車業界では屈指のメーカーに為っていて、普通の販売や通販でも好調だ。
台湾もかつての世界のPC工場と云われた時代もあるが、現状では台湾メーカーも生産拠点を中国にシフトしているから、むしろ自伝車生産が少なくないと云っても過言ではなく為っている。


スポンサードリンク

ルイガノの自転車・LGS―CM、クロスバイクにかんして

ルイガノ,louis,自転車

ルイガノの自転車で人気が集中しているモデルは、本格的なロードレーサーやマウンテンバイク、クロスバイク等だが、個人的には、なんと云っても折畳式のLGS―CMと云うバイクが興味深い。
ルイガノのLGS―CMは、バイクのカテゴリーとしては、フォールディリングバイクと云う物だ。
これは、かつてのチャチなスチール製の折りたたみバイクなんかとは異為っていて、総アルミ製のフレームが採用されていて、なんと重量が8.4kgと軽量なのだ。
折り畳んだ具合だと、ゴルフバッグレベルの大きさになり、室内に置くにしても、車で運ぶにしてもべんりだ。
ルイガノのLGS―CMの折り畳みの方法は、メインフレームがヘッドチューブをスライドする為、今までの折り畳みバイクより相当小さくなるが、折り畳みバイクとしてシフトにべんりなキャスター付きだ。
バイク本来の機能はシンプルその為、変則ギアー等は付属していないが、大人でも子供でも乗れるように可変式システムが使用されていて、アレンジがシンプルに出きる。
シンプルイズベストと云うわけじゃないが、折り畳み式という事を大前提にしたバイクでは、変速機等をつける事で、故障するパーツが増大する事に成る為、ユーザーからすれば、ルイガノのLGS―CMは、折り畳み式バイクとしては、熱望にかなったバイクと云えるのじゃないだろうか。
但し、体重規制が80kg以下と云う事で、肥満体形の人は注意が必須事項だ。
私がルイガノのこれ以外のクロスバイク等を閲覧する限り、ヨーロッパメーカーやアメリカメーカーのコピー製品を格安の値段で製造している衝撃もある。
いや、まさにこの通りだとおもうが、アメリカの大手メーカーでもデザインや仕様書レベルまでは自国で作成し、台湾にクロスバイクの生産を業務委託すると云う、かつてのPC生産の世界で実行されていた方式が採用されている為、クロスバイク等の品質の水準は当然に標準レベルをキープしている。
ルイガノは、アマチュアの中級レベルまでの人達が、クロスバイクのライダーが活用するには、価格が安い分お勧めだ。


ルイガノのLGS-5にかんして

何を隠そう、私はルイガノのLGS-5に乗っている。
LGS-5を購入したばっかりの時は休日毎に、川原のサイクリングコースを風を切って走っていたものだ。
しかしながら、現状は仕事が忙しくて、近頃では自身の家と駅の往復のみになってしまった。
自身の子供(小学4年男)が、私と同じルイガノの自転車を欲しいと生意気にも云ってきているので買い付けてやろうとおもっているのだが、価格が高い為、クリスマスに奮発してルイガノのものを何かプレゼントしてやろうとおもっている。
ルイガノのWeb上のホームページで目にしたところ、LGS-J24あたりにしようかとおもうのだが、身長143.5センチの我が息子にジャストフィットするだろうかが懸念だ。
また、自転車の前面に荷物を乗せる事が出きるカゴを取り付けようと考慮しているが、取り付け可能なんだろうか。
私、自転車にかんしては全くのド素人で、価格とデザインのみで自転車を買い付けていた為、この件にかんして多種多様と調査した結果を以下に記述しておくのだ。
ルイガノの自転車は、ブランド名のみのデカールが貼ってある自転車ではなくて、キッチリとしたメーカーだし、現状以降に息子が自転車ライダーに成る事が大いに待望出きる。
LGS-J24の適正身長は140から150cmだそうだ。
だが、成長プロセスにいる我が息子には、すぐに小さくなるだろう。
これなら父だ私と同じ型式だルイガノのLGS-5の370サイズの方が長く付き合えるとおもわれる。
但し、ルイガノは大人気の自転車だし、もう2004年モデルは在庫がないんじゃないだろうか?
もし、LGS-5で気に入った色があるなら、すぐに購入しようとおもう。
前面に取り付ける予定のカゴにかんしては、[FB-022X]と云うキーワードでグーグル検索すると良い結果が出た。
OGKと云うメーカーの物も良いとおもってしまった。そこで私は、息子のMTBに取り付けてみた。
勿論取り外しも可能な為、とっても重宝している。

ルイガノ自転車と国産自転車との比較について

私はそのうち、新たにクロスバイクの購入を考慮している。
近頃ルイガノが良いかな、と思い始めるように成った。
国産のミヤタやパナソニックと比較して、ルイガノのクロスバイクの自転車ってどうなんだろう?
やっぱり他の外国製品と同じで、機械物は国産の方が優れているともおもわれるが・・・・・・?
そこで、この件にかんして多種多様に調査した結果を以下に記述したいとおもう。
ルイガノと云うメーカーは、カナダのブランドだが、なんでもメインの機械関係(コンポーネント)は日本のシマノ製を活用していてフレームの製造・組み立ては香港で実行しているらしい。
ルイガノのクロスバイク自転車に限定されず、生産台数の少なくない外国産クロスバイク自転車の殆どがこういったパターンで製造販売されている。
と云うわけで、余程の事がない限りパナソニックでもルイガノでも問題はないとおもわれる。
むしろ、コストパフォーマンスと云う費用面を重要視すると、世界最大最高の自転車メーカー香港のGIANTが1番優れているらしい。
自転車にかんしては、日本製でも外国製でも何ら変わりはないとおもってよい。
全部価格相応だろう。
勿論コストパフォーマンスの良いGIANTもあるし、私の好きなキャノンデールなんかは他のメーカーと比較すると、疑う余地もなく割高感は否めない。
MTBやロードレーサ用の自転車の場合、圧倒的に外国製が少なくないとおもわれる。
勿論、ルイガノだって良いメーカの1つだ。
結局、クロスバイク用の自転車は、全体的なデザインで選択して買い付けても良いとおもう。
但し、余りにも安いクロスバイク自転車を買い付けてしまうと、どのメーカー製品を買い付けても後悔する可能性があるようだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






健康食品やサプリメント