<フットサルのルールとは?>フットサルの基本ルールとサッカーとの違い

フットサルのルールの基本とは?について

フットサル,ルール,サッカー

フットサルのルールでは、5人制でプレーするのが基本だ。
使用されるボールは、4号球で[ローバウンド]で、ピッチサイズは20m×40mサイズの四方形、ゴールサイズは2m×3mでゲームが実行される。
フットサルの試合時間は、前半後半両方とも20分であり[ハーフタイムのインターバル]では15分を超越してはならない。
これがフットサルのルールの基本だ。


スポンサードリンク

フットサルとサッカーのルールのちがいについて

フットサル,ルール,サッカー

フットサルの試合は、キックオフから始まり、全部の選手はまずピッチの味方半分内にいる事がルールだ。キックオフをしないチーム側は、ボールがインプレーするまでの間、ボールから3m以上は離れていなければならない。
また、ドロップボールは試合を再び開始する方法の一つで在り、ボールがインプレーの時に、ボールがタッチラインやゴールラインを越す前に、 競技規則に規定されていない理由で必要が生じた一時的ストップのあとに、実践するように為っている。
フットサルのルールは、サッカーと似ているようで実は途方もなくちがうのだ。
フットサルのルールの[交代]では、一試合中に自由に何回も誰でも交代が出きるが、サッカーでは1度交代した選手は2度と試合にもどる事が出きない。こういった具合にサッカーとフットサルは、根本的ちがうのだ。


フットサルの独自ルール:オウンゴールと4秒ルールについて

フットサルのルールでは、キックインからボールに何人も接触する事なく、直接ゴールに入った場合得点にはならず、相手のゴールであれば相手のゴールキーパーがゴールクリアランスでそのまま試合再開となり、味方のゴールに直接ゴールしてしまったようなオウンゴールの場合には、相手チームのコーナーキックで再び試合が再開される。
フットサルの独自のローカルルールも在り、それは[4秒ルール][反則の累積][退場][チャージ][タイムアウト]等だ。
[4秒ルール]は、キックイン・ゴールクリアランス・フリーキック・コーナーキックは4秒以内にやらないとならないと云うものだ。
[反則の累積]と云うのは、直接フリーキックとなった反則をチームで前後半おのおの5回やると、5つ目の反則からは第2ペナルティーマークからの直接フリーキックをやりゲーム再開となる。
勿論[退場]のルールもあるが、退場した選手以外の選手ならば、その選手の退場後2分経過後、他の選手が試合に出場出きる。
[タイムアウト]は、各チーム前半後半1回ずつ1分間やる事ができ、[チャージ]はサッカーでは可能だが、フットサルの場合ショルダーチャージ・スライディングタックルも全部ファールとなる。

 

 

フットサルの独自ルール:チャージ、バックパス、オフサイドについて

フットサルのルールだと、危ないと考慮されるプレイは全部チャージとなり反則となる。
ゴールキーパーへのバックパスは、1度相手が接触するか、ハーフウェイラインを超越してからでないと、ゴールキーパーはボールに足でも手でも絶対接触する事が出きない。
また、サッカーにはあるオフサイドもフットサルには実在しないのもフットサル独自のルールだ。

フットサルのルールとブラジル・スペインについて

フットサルは、ブラジルでは、[サロンフットボール]と云われていた時代から、サッカー以上に市民に身近なスポーツとして普及していた。
その為ルール変更も、おもったよりスムーズに実践する事が出きた。
競技レベルでは、ロナウジーニョやロビーニョ等おおくのプロサッカー選手も、フットサルでキャリアをスタートさせている。
他方、[リーガ・ナシオナル]と呼称される全国リーグの他、各州でフットサルのプロリーグが盛んで、実はスペインやイタリアのフットサルチームに移籍するサッカー選手も少なくない。
勿論だが、ブラジル代表はフットサルの世界に於いても常に世界最強の強さを誇る。
しかしながら、ここ数年は王座をスペインに奪われており、自国開催の次回世界選手権で、ブラジルの覇権奪回が待望されていると云う。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC&tbm=blg&output=rss&num=50






健康食品やサプリメント