<ソフトテニスラケットの選び方>ソフトテニスラケットの選び方と後衛用と前衛用の違い

ソフトテニスのラケットの選び方→ヨネックス(yonex)のマッスルパワー550にかんして

ソフトテニスラケット,選び方

ソフトテニス用ラケットの選び方の第1歩は、ヨネックス(yonex)、ミズノ(mizuno)、プリンス(prince)、ダンロップ、ゴーセン、xyst(ジスト)、ナノフォース(ナノホース)等のブランドや素材選びだ。
ソフトテニス用ラケットは、販売店やラケット店が限定されている場合が少なくない。
こういう現実がある為、ソフトテニスのラケット一覧やラケットランキングを閲覧する事がなかなかどうして出きない為、ソフトテニスラケットの激安通販やオークションを上手に活かすと云う裏技的な選び方もある。
ただ、激安通販やオークションをラケットの選び方として活用する場合、ソフトテニスラケット購入前に、手に取ってグリップや釣り合いの具合を確認出きない為、そのラケットを現実にもっている知人・先輩・後輩等に、あらかじめラケットを振らせてもらってから、激安通販やオークションを選び方として活用したほうが良い。
ついでに、私が愛用しているのは、ヨネックス(yonex)のソフトテニスラケット・マッスルパワー550だ。
このヨネックス(yonex)のマッスルパワー550の長所を挙げると、ヨネックス(yonex)らしい硬いラケットな為、レシーブでフルスイングし易くバックアウトしにくいところだ。
反対に、ヨネックス(yonex)のソフトテニスラケット・マッスルパワー550の短所を挙げると、素材が硬すぎる為、非力な女子選手には、体重の乗った速いボールが打ちにくいと云うい事だ。
是が非でも、貴方のラケットの選び方の参照事項にして欲しい。


スポンサードリンク

ソフトテニスラケットの選び方とミズノ(mizuno)にかんして

ソフトテニスラケット,選び方

ソフトテニスでは、シングルシャフトとダブルシャフトが硬式テニスとおなじ様に実在するが、現状の硬式テニスではパワーテニス全盛時代と云う事もあって、2本のダブルシャフトが全盛期で在り、シングルシャフトは殆ど見かけなくなってしまった。
その点ソフトテニスの場合、現状でも後衛用にシングルシャフトが大人気の選び方だ。
ミズノ(mizuno)は昔から軟式テニス用に、両方のシャフトの生産と販売に心を込めているメーカーだ。
シングルシャフトの場合、その弾力性に拠って、伸びのある破壊力のあるボールを打てる為、ソフトテニスでは現状でも途方もなく大人気の選び方だ。
他方、ダブルシャフトのラケットの場合、安定性の高いボールコントロールが出きるように成る為、どちらかと云うと初心者向きとされているが、ボールのプレースメントを重要視する上級プレーヤーも、好んで利用する選び方だ。
将来的に硬式テニスもやりたいとおもうのであれば、ソフトテニスの時代から、ダブルシャフトに慣れておくと云うのも賢い選び方だろう。
こういう点でもミズノ(mizuno)と云うメーカーのラケットは、とってもお勧めな選び方だ。


ソフトテニスラケットの選び方・後衛用と前衛用の違いについて

ソフトテニスラケットのフェース面は、硬式テニスと違ってボールに変化をプラスする事が多くはない為、殊更に振りぬきやすさとスィートスポットとの釣り合いが重要になっていくのだ。
大きなフェースであれば、それだけスィートスポットは大幅に成るが、他方で大幅になった分振り抜きにくくなる。
これは前衛向きのソフトテニスラケットの特質だ。
フェースを小さくすると微妙なラケットコントロールが可能になり、振りぬきやすくなる。
これが後衛向きのソフトテニスラケットの特質だ。
両者の釣り合いで、自身の技術や体力、どのようなプレイスタイルなのか、またポジションが殊更に後衛なのか前衛なのかを考慮してフェース面を選択する事がベストチョイスのラケットに成る。
しかしながら、なかなかどうして、ラケットは使い込んでみないと把握できる事が出きない為、ついついラケットの購入数が増大してしまう事もあったりする。
ソフトテニスのラケットは、250gレベルが上限だからこのようなに問題はないが、全体の釣り合いと云う点では、テニスのプレースタイルや後衛なのか前衛なのかに拠って、トップ釣り合いを考慮すると云う必須事項もある。
トップライトと云って、手元に重心があるタイプのラケットは、ヘッドが軽いので振りぬきやすくなるが、つよい打球は打ちにくい一面がある。
これは前衛向きのソフトテニスラケットの特質だ。
トップヘビーのようにフェース部分が重いと、体重の乗った重く速い打球が打てる半面、相手の速い打球に振り遅れたり、疲労を感じてくると引きが遅くなったりしてラケットに振り回され易くなる。
これが後衛向きのソフトテニスラケットの特質だ。
初心者のうちは、ミディアム釣り合い(重心が真ん中にあるもの)のラケットが安全と云えるだろう。

ソフトテニスラケットの特質にかんして

ソフトテニスラケットは、硬式テニスのラケットとは違って、ガットのテンション等の貼り具合は、相当やわらかめだが、これ以外でそれほど大きな違いはない。
ソフトテニスラケットも硬式テニスラケットも大きさや重量ではそれほど違いは無いが、両者の最大最高の違いは、反発性と衝撃吸収性の釣り合いの問題だ。
硬式テニスでは当然つよい衝撃が入る為、フレーム自体の素材の違いや衝撃吸収機能の違いになってくるが、最大最高の違いはやっぱりガットの違いと云える。

近頃のソフトテニスラケットのハイテク化にかんして

小5の娘がソフトテニスをしている。
7月28日から31日に奈良で実践された全日本小学生選手権大会に団体で出場したのだが、近頃のソフトテニス・ラケットのハイテク化には正直驚嘆してしまった。
ソフトテニスのハイテクラケット(Mizuno Xyst TN/TS等)を使用した対戦相手の県代表の小学生達と、体格もソフトテニスラケットの振りも殆ど変らないのに、打球の伸びが明白にちがうのには、正直ビビってしまった。
ネットプレーやフォーメーションを閲覧する限りでは、明白な実力の差は実在ない。
こちらの小学生達のソフトテニスラケットは、初級者から中級者用のスタンダード・モデルだったし、うちの子に至っては、使い慣れた物とはいいながら、YONEXのTSxxxと云う入門者から初級者用のソフトテニス・ラケットだった。
勿論、基本が出きていなければ、中級者用以上のラケットは使いこなせないとおもうが、小中学生にもソフトテニス用のハイテクラケットを持たせたほうが良いものかどうか、少し苦しんでしまった。

 

<ハイテクラケットの例>

Mizuno Xyst TN/TS、これ以外やYONEX NANOFORCEシリーズ等

 

ゲームで勝つ喜びを最優先に考え、子供の飛躍的に向上心を飛躍的にひきだすのだったらソフトテニス用のハイテク素材ラケットに手を出すのも一つの選択方法だろう。
反対に、ガッチリとした基本的な技術を身につけさせながら技術の飛躍的な向上を目指して、チャンスが有れば勝つ喜びも教えていくのだったら、簡単にハイテク素材のソフトテニスラケットには手を出さない方が良いようだ。
私の娘にかんしてだが、全小にでてる位な為、そこそこどのような相手と戦っても勝てるレベルの技術があると考慮する。
ならばこそ、ハイテク素材のソフトテニスラケットを買い付けてやる事は留める事にした。
疑う余地もなく、ハイテク素材のソフトテニスラケットの場合、相手の打球に面を合わせてやるだけで、勝手にボールが飛んでいくような感覚が有る。
ただ、中学生レベルの技術がまだ低い段階の試合では、伸びのあるボールがビシビシ相手コートに突き刺さり気持ちが良いのだが、高校生になって技術的に高度な試合がおおくなってくると、相手の打球も速くて重い為、ハイテク素材のソフトテニスラケットだとガッチリ振りきれない事がおおくなるようだからだ。
まあ、道具に当てにするようなプレースタイルを娘に身に付けさせないようにしたいとおもう。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






健康食品やサプリメント