<FGノットの結び方>釣りと簡単なFGノットの結び方のポイント

FGノットは直結用ラインシステム→完璧FGノット、変形FGノット、FGノット改について

FGノット,結び方

fgノットとは、殊更にアオリイカ釣りのエギングやシーバス(スズキ)釣りで活用するラインの結び方の事で在り、殊更にPEラインとナイロンリーダーやフロロカーボンのリーダー、もしくはバークレー社のファイヤーラインとナイロンラインとを直結するに適した結び方だ。
上記の釣りでは、ナイロンラインとナイロンラインを直結する時は他の方法が良いだろう。
釣り人しか興味ないこのfgノットの特質は、摩擦の力を上手く活用してラインとラインをつよく直結する事が出きる事だ。
これは、釣り人にとって途方もなくむずかしい結び方だという事もその特質だ。
fgノットの結び方には何種類か在り、その釣り人やプロのテスター・モニターに拠ってちがうようだ。
つまり、これは途方もなく強度のある直結型のラインシステムで在り、近頃では完璧FGノット、FGノット変形、FGノット改と呼称されるまで誕生している。
ここでは現実の釣りに役立つfgノットで、潤滑剤を使用する必要のない結び方を案内したい。


スポンサードリンク

FGノットの簡単な結び方のポイントについて

FGノット,結び方

では、釣り人にとってむずかしいと云われるFGノットの簡単な結び方のポイントを案内しよう。
釣り人しか興味ないこのfgノットで、潤滑剤を活用しない方法としては、まずラインを指に巻きつける事から開始する。
其の後、上と下に12回ずつ、釣り用のリーダーへ巻き付ける。そしてハーフピッチと逆側に留める。
ここで重要事は、出きる限り力一杯留める事だ。そして其の後ゆっくり引きのばす。
ココでガッツリと釣り専用プライヤー等の締め具を使用して留めると良い。ただ力を入れ過ぎてせっかく直結出きたラインを切らないように注意する事だ。
1度に力一杯締め付けるよりは、少しずつ締めていくと良いだろう。
そしてfgノットの以下の段階のポイントとしては、1回ごとにfgノットと逆にラインとリーダーを留めていくのだ。
すなわち、10回レベルfgノットを留めていくのだ。これは、リーダーとラインを釣り人が少しずつ引張る事で編みこんだ部分の強度をより高いものにする事が出きるのだ。
このとき釣り人は、fgノットが縮まらないように注意する事だ。
そして、リーダーを取り除くのだ。其の後、fgノットをメインに編みこんでいくわけだが、いったい何回レベル編み込んでいくのかと云うと、30回ほど編み込んでいくと強度的に良い。
これが釣った魚をバラさないための強度として重要に成る。つまり、同じ方向に回していく事で直結部分の強度が高くなり、途方もなく切れにくいラインシステムができあがるのだ。
こうすると釣った大きい魚をよもやバラす確立が低くなるのだ。
最後に余分なラインを切り取ると強度が高く、かつ、綺麗なfgノットができあがるのだ。
これでようやく大きい魚と正々堂々やり取りが出きるはずだ。


画像や動画を活用したfgノットの結び方について

これ以外、釣り人しか観た事も聴いた事もないようなfgノットの結び方もある。
fgノットを使用して釣り上げる対象魚としてはアオリイカの他にシーバス(スズキ)がある。
これ以外近頃では、青物のジギングにもfgノットがよく活用されているようだ。
キャスティングでルアーを出きるだけ遠くに飛ばして釣る為には、空気抵抗の多くはない細いPEラインを出きるだけ使用する方が良い。
細いラインの方が空気抵抗が少なく飛距離がでる。ここで細いPEラインにfgノットを活用する事で、ルアーに思い通りの飛距離がでる。
これは遠距離のポイントを攻める事で、更に高い釣果を得やすくなる事を示している。
このような特質のあるfgノットだが、結び方や巻き方は、多種多様なインターネット上の釣りブログや釣り関係のホームページ等で案内されている。
釣り関係のホームページやブログの中には、画像や動画等を活用してfgノットの結び方を案内しているものもある。
私もこのようなホームページを活用して簡単なfgノットの結び方を学習し、ライン強度が必要なジギングに活用したものだ。
PEラインを使用して釣りを実行しているが上手く結べない人や、fgノットの結び方がどうも分かる事が出きない釣り人は、このようなネット上の釣りホームページの動画や画像を活用するのも一つの手じゃないだろうか。

fgノットの結び方がベストな釣り場面について

皆さんの実行している釣りでおすすめのノットは何だろうか?
1)ナイロンラインプラスナイロンリーダー
2)PEラインプラスナイロンリーダー
現状、私はおもにシーバス釣りで電車結びを愛用しているが、先日買い付けたナイロンリーダーのパッケージにオルブライトノットの結び方が解説されていた為、いったいどの結び方がシーバス釣りにベストなのかどうか戸惑ってしまった。
私の場合で恐縮だが、PEラインプラスナイロンリーダーの場合はFGノットで直結する。
この理由としては、FGノットの場合強度が高い事、更に直結部分の結びコブが小さくなる為、キャストする時にガイドにラインが引っかかりにくくなり飛距離が出やすいからだ。
つまり、FGノットの結び方がベストな釣り場面としては、大物釣りで太いリーダーを使用するときだとおもう。
ごく当たり前の事だが、ラインは直結すると、その部分の強度が下がる。滑りやすく摩擦抵抗の多くはないPEラインの場合では顕著だ。
電車結びのように、結びコブ同志をぶつけて直結するノットは強度が極端に下がるので注意が必要だ。
FGノットみたいな摩擦系と呼称されるノットこそが、PEラインにはベストの為だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%87%A3%E3%82%8A&tbm=blg&output=rss&num=50






健康食品やサプリメント