<日経woman別冊とは?>日経woman別冊の特集内容や読者層などの情報

日経woman別冊の特集は興味深い

日経woman,別冊

私がおもうに、近頃、日経woman別冊が途方もなく元気だ。その日経woman別冊にかんする記事を書きたいとおもう。
日経woman別冊と云えば、2007年11月号には上戸彩が掲載されたりもしたものだ。
桃色のバックにホワイトのブラウスの上戸彩が載っていて、一瞬の事だが、日経woman別冊をファッション雑誌か何かとおもったりしたものだ。
組まれている特集も途方もなく興味深いものが少なくない。
何種類か例をあげると、[貴方の強みと適職教える][就活プリンセスメークの基本][合格ビジネスマナー][人気29職種の仕事カタログ][女性が活動しやすい会社ベスト100][就職の3大悩みにズバリ!答える]と云った具合に、もの凄く読者層のターゲットを絞り込んでいるのが素人目で観ても明らかな特集であった。
何はともあれ、この号の日経woman別冊のタイトルはと云うと[自分らしい未来を見つける!女子学生のためのハッピー就職バイブル]だった。
しかもご丁寧に、題字の間と間に星のマークもあった。


スポンサードリンク

日経woman別冊の出版社・鞄経ホーム出版社について

日経woman,別冊

このような途方もなく元気な日経woman別冊とは、日経ホーム出版社と云う会社が毎月出版する、女性を読者層としたビジネス誌日経ウーマンの別冊の事だ。
この雑誌を出版しているのは鞄経ホーム出版社だ。
この出版社にかんしてだが、2008年7月1日に日本経済新聞社出版グループ内の日経BPを吸収合併したようだ。
新社名だが、株式会社日経BPに成ると云う。
[日経ウーマン]の以外に出版している雑誌と云えば、[日経マネー][日経トレンディ][日経おとなのOFF][日経キッズプラス]等が実在する。
勿論ビジネス中心のテーマの雑誌が少なくないのは云うまでもないが、[日経キッズプラス]と云う出版誌があるなんて知らない人もおおいのではないだろうか。
[日経キッズプラス]と云う名前もしくは名称を観ると、近頃は経済誌にまで低年齢化が進展しているのだろうか。
すばらしいような、ちょっとやりすぎのような、途方もなく複雑な気持ちだ。
ついでに鞄経ホーム出版社の設立年度は1982年の事だ。
この出版社の各雑誌の創刊年度を順番に並べると、[日経マネー]が1985年の創刊。[日経トレンディ]が1987年の創刊。[日経ウーマン]が1988年の創刊。[日経おとなのOFF]が2001年の創刊。[日経キッズプラス]が2005年の創刊だ。


日経woman最新刊の特集内容と長谷川京子について

さて、このような鞄経ホーム出版社が出版する日経womanの最新刊の特集内容にかんして少し書きたいとおもうが、そもそも日経womanの最新刊の特集内容とはどのような特徴点なのだろうか。
まず表紙の人は女優・長谷川京子であった。
ついでに長谷川京子のプロフィールだが、1978年7月22日生まれで愛称はハセキョー。ファッションモデルや女優をしているタレントだ。
長谷川京子の所属事務所はレプロエンタテインメントだ。長谷川京子が出演していたドラマと云えばTBS系列の華麗なる一族や孤独の賭け等である。
このときの注目の記事はなんと云っても[緊急提案!スッキリシンプル節だ、お金を永遠の味方につける!]と云う特集であった。
[永遠の味方につける!]なんてキャッチフレーズが凄いとおもってしまったものだ。
もしも本当にこんな事が出きるならば、このような楽しい事はないだろう。
私は、日経womanと日経woman別冊の両方とも、これからも注目していきたいとおもう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






健康食品やサプリメント