<住民税還付とは?>税源移譲と住民税還付・住宅ローン控除

税源移譲に結びつく住民税の還付にかんして

住民税,還付,税源移譲

住民税の還付は、税源移譲に結びつく住民税の還付以外は、基本としては実在しない。
うっかり勘ちがいする人がいて、所得税の還付金と同じように考慮するようだ。
所得税の場合は、普通のサラリーマンなら、毎月ごとに予測されるだいたいの税金の金額を天引きされていて、おおく支出した場合に限り、年末に精算されて、申告に拠って差額が還付される類のものだ。
しかしながら、昨年1年間活動して得た所得に基づいて、税金の金額が計算され決定する為、税金の金額が確定した上での納税なので差額が生起せず、住民税の還付はあり得ない。
それ以外で、税源移譲に結びつく住民税の還付はどういったものか、解説していこう。


スポンサードリンク

税源移譲に結びつく住民税の還付と所得税の減額の関係にかんして

住民税,還付,税源移譲

平成19年度以降に実施された、個人市府民税改正に拠って、国から地方へ税源移譲が実行される事になった事は記憶に新しい。
つまりそれは、所得税だった国税から地方税の住民税へ、税源の移譲が実行されると云う事を意味する。
その為、市府民税の所得割の税率が変わる事になった。
所得割の税率は、一律の10%になり、そのうち市民税が6%で、府民税は4%だ。
平成20年に於いて、平成19年度分から所得税は減やや、住民税は増大した。
所得割の税率の割合の変更な為、一見は税負担の影響は受ける事なく、現状までと、変わらないと思いがちだが、税率の変更があっても所得税の税負担の低減を受けず、住民税が増大する事で、税負担の影響がある人は、現状、居住している市区町村へ住民税の還付の申告の手続きをすれば、とっくに納付している19年度分の税源移譲で増大した、住民税の相当の金額が還付される事に成る。
しかしながら、この条件に当てはまる全部の納税者ではなくて、平成18年度分の所得が、所得税が課税されるほどあって、平成19年度分は、所得が課税されないほど消耗した納税者のみ、住民税の還付が活用される。


税源移譲に結びつく住民税の還付が活用される納税対象者にかんして

この税源移譲に結びついて、住民税の還付が活用される納税対象者は、絶対に申告の手続きを実践して欲しい。
住民税還付請求の申告期間は、1ヵ月と設定されている為、ガッチリ点検して、申告を実践したほうがよい。
また、海外に転謹していたり、他界した人や、配偶者控除や扶養控除や基礎控除等の寄付金控除以外の控除の金額が増大したり、住宅ローン控除に拠って、課税される所得税が消耗した人は、住民税の還付が活用される事はない為、事前にガッチリと自身はどの項目に属するのか、還付を受ける事が可能な対象条件を吟味しておく事が途方もなく大切だ。

税源移譲と住宅ローン控除の関係、住民税からの申告について

住宅ローン控除の仕組みが、2008年の申告分から変更される事になった。
ここで損をしない為に、市区町村へ申告が必須事項な場合が在り、注意が必須事項だ。
勤務先の年末アレンジで控除を受けている人は、源泉徴収票等を確認した上で、1月1日現状居住の市区町村へ、申告書を提出する事に成る。
この対象者は1999年1月1日から2006年12月31日までに入居し、住宅ローン控除を受けている人だ。申告の締め切りは3月17日。
国から地方への税源移譲で所得税が減額され、住民税が増額されたのだ。
所得税の住宅ローン控除を受けていた人の中には、所得税を住宅ローン控除可能額が上回り、控除しきれない額が生じる場合が有る。
この対策として、市区町村へ申告すれば、住民税からも控除可能に成った。
勤務先の年末アレンジで住宅ローン控除を受けている人は、源泉徴収票を確認すべきだろう。
[摘要]と記述された欄に、[住宅借入金等特別控除可能額]と金額が記入されていれば、住民税からも控除される可能性が有る。
記載がなければ、所得税で、控除しきっている事に成る。
申告は毎年必須事項に成る。
総務省は、モデルケースを作成し、控除額を試算した。
[夫婦、子供2人、給与収入700万円、住宅ローン控除可能額27万円]の場合、市区町村へ申告しないと、控除額は所得税の165,500円のみになる。
市区町村へ申告すると、更に住民税から97,500円控除される事に成る。
申告書は、市区町村で配布しているほか、総務省や一部自治体のホームページからもダウンロードが可能だ。
控除額を計算して記入し、源泉徴収票を貼付して提出する。控除額は、翌年度の住民税から減額される。
18日から開始する確定申告をする場合も、市区町村の申告書を取り寄せて提出する。
申告書は税務署を経由し、市区町村へ回されると云う。
他方で、07年に入居した人には、住民税の控除は活用されず、新たな所得税の住宅ローン控除制度が設定されたのだ。控除期間は、10年間か15年間を選択出きる。
期間中、何年目かに拠って、控除率や控除限度額等が変化する。1年目は確定申告が必須事項で、2年目以降は年末アレンジで控除が受けれる。
この時期、確定申告にかんして、税理士会等の無料対話会が各地でオープンされている為、活用してみてはどうだろうか。

関連ページ

<相続税の税率計算>相続税の税率計算と基礎控除、贈与税
相続税の税率計算にかんしての基礎知識と贈与税の考え方。また、相続税の税率の計算方法と控除にかんして。
<固定資産税の計算方法とは?>固定資産税の計算方法と評価額計算の仕方
固定資産税と評価額の計算方法にかんして。固定資産税の計算式や計算例、日割りの仕方にかんしてシュミレーション。ついでに、近頃注目されているのが、固定資産税計算ソフトやエクセルを活用した方法だ。
<退職金の税率とは?>一時所得扱いの税率と役員退職金
退職金の税率計算は、他の所得税や住民税よりも低減対処が採られている。つまり一時所得扱いで税金が安くなる。役員退職金の税率も同様でこれは賞与とされ追加税金を支出した事例もあり。
<中間納付と還付税額>法人税と消費税の中間納付&還付税額
中間納付には、消費税や法人税のみでなく事業税や地方税もあり譲渡割額や還付税額と云うものも有る。これ以外にも、中間納付と還付税額にかんした仕訳や納付額計算方法にかんして。
<住宅ローン減税>住宅ローン減税の計算と手続き
住宅ローン減税の計算と手続きや条件にかんして役立つ情報を纏めてみた。住宅ローン減税のシュミレーションが終わり金額が決定したら必要書類をもって確定申告に行きたいとおもう。
<解体費>建物や家(住宅)の解体費の費用と経理処理
解体費とは、建物や家と云った住宅を撤去する時に生起する費用の事だ。解体費は、経費会計上、その建物や家の残存価額から控除出きるので結果的に毎年の減価償却費の中に包括して経理処理出きる。
<確定申告の印鑑とは?>確定申告の印鑑と実印登録
確定申告の印鑑として使用するものは、個人事業主が開業届に押下した印鑑や実印登録したものでないといけないのだろうか? それとも確定申告では、シャチハタのような認め印を使用しても良いのか?
電子印鑑作成方法と印鑑のスピード作成方法
通常の印鑑のスピード作成から電子印鑑の作成方法まで。電子印鑑はフリーソフト等の作成キットやツールを使用したやり方、他に作成機も有る。
<三井住友ダイレクトとは?>三井住友ダイレクトの自動車保険、バイク保険
三井住友ダイレクトの現実の会社名は、三井ダイレクト損保と云う名前だ。これ以外、三井住友ダイレクト損保の特徴や自動車保険、バイク保険、ドライバーズ保険にかんして。