香港国家安全法とは?|旬な話題のこと

香港の国家安全法とは?

香港国家安全法,とは,アメリカ,外国人,デモ,なぜ,簡単に,わかりやすく,内容,知恵袋

中国政府が制定に取り組んでいる香港国家安全法が、いま世界中の注目を集めていますが、その内容について思案してみましょう。

 

香港に対して適用されようとしている国家安全法とは、香港住民がデモなど安全保障を威嚇する活動をとった時に直接訴追できるシステムのことです。

 

この法律が報道されると世界各国は激しく非難しましたが、中国当局はそれも予想の範囲内であり、世界を敵に回してでも、中国国内を落ち着かせることを一番にしているのでしょう。

 

国家安全法の完成によって失くすものもデカいのですが、それでも得られることが多いと位置づけているのです。
中国当局が意図しているのは、国家方針に歯向かわない国民なんでしょう。
デモなんてNGです。

 

それ以外の人々は、逮捕する方向に繋がるのです。
さすがに、このような思想は、自由主義国家で承認されることじゃありませんが、中華人民共和国ではそれが当たり前と言えるかもしれません。

 

これまでニュースでも想像以上に報道されてきましたが、香港では民主派の積極的なデモによって、何とか自治を勝ち取ろうとしていた。

 

しかし、もし国家安全法が完成したら、民主派の指導者たちがパクられる事態になることは大いに予想できるだろう。
中国当局の思想は、これまで徹底しており、民主主義を否定してきた。
この認識は、これからも貫くのです。
大国を一つにしていくためには、共産党の独裁が必須であり、自由主義の思想は相いられないと言えるのです。

 

中国は経済的には一人立ちしており、外国人からの圧力に対してひるむ姿勢はあまりありません。
中国国内での規制に対しても、世界からの非難に対して、一貫して無視した行動をとり進めています。
その上、中国国内だけじゃなく南シナ海等での行動は、近隣諸国に対する重圧となっています。
国家間の紛争を、平和的に解消するのではなく、武力によって鎮圧しようとする行動をはっきりとさせています。

 

自分たちの思想こそが、間違いないと確信しているのでしょう。
これから先の世界平和にあたって、中国が果たすべき役割というのはおっきいのですが、アメリカとの対立が深まる中で、この香港国家安全法は、これまで以上に問題をでっかくしていくだけでしょう。
香港の民主勢力を押さえつけるための法律によって、世界からの信用を失くすとしても、その決意は正しいと思っているのです。
日本のニュースで報道されている内容は、中国のほんの一部の事なのかもしれない。


スポンサードリンク

香港の国家安全法とアメリカの動向

香港国家安全法,とは,アメリカ,外国人,デモ,なぜ,簡単に,わかりやすく,内容,知恵袋

中華人民共和国が、香港を対象にした国家安全法の制定を画策したことで、世界の批判の的となっていますが、このことは国内干渉だとして、逆に中国が他国を非難しているというのが現況です。
このような中で中国との関係悪化が危惧されているアメリカの反応はどんなものなのでしょうか。

 

言うまでもなく、香港の基盤となっている1国2制度がぐらついてしまうために、アメリカは強いプレッシャーを中国に対してかけようとしている。
ただ、経済制裁等を中国に対してかけても、中国も対抗措置を採るのみで、実質的な制裁とはなりにくいのが現在の状況なのです。
双方にデメリットがあるからだといえます。

 

中国とアメリカというのは大国であり、世界の未来に対して強いインパクトを持ち合わせています。
関係の深刻化が増大するようなことがあれば、危機的な状況につながります。
アメリカは、日本や韓国に駐留しているアメリカ軍のため、資金の提供額を上乗せするように要求しています。
すなわち、アメリカは日本や韓国を、中国の危機から守ってやっているのだと捉えているのです。
中国との国境線の近くでは、中国からの挑発的なアクションがほとんど毎日報道されていて、日本の海上保安庁の注意も酷いことになっています。

 

アメリカと中国の関係悪化は、世界中を巻き込んでしまう。
政治的な結びつきもそうですが、むしろ経済的な結びつきが強いため、世界経済への影響もかなりあります。
コロナウイルスにより、世界経済はビッグな打撃を受けている現実を思うと、香港の国家安全法の制定は中国の優位な立場をさらに強くしてしまうことが起きます。
アメリカだけではなく、ヨーロッパ諸国にとっても、中国へのけん制が害されるでしょう。
いまや香港住民の間には、でかい不安が広がっているだと言われています。

 

中国の本土での国家安全法により、民主化指導者たちが次々と逮捕されるケースがしょっちゅうですが、おんなじことが香港でも起こるのです。
香港のデモを当局がストップできなかったことに対して、中国はじっくりガマンしてきたのかもしれません。
けれど、その我慢の限界がきて、国家安全法の制定に手をつけたのです。
制定のための法律的な支度は確実に行われており、制定が行えなくなる可能性は低いと想定されいる。
中国と香港、更にアメリカの行動に注目が集まっています。


スポンサードリンク