youtubeライブ配信のやり方|旬な話題のこと

youtubeのライブ配信に必要な機材について

「youtubeのライブ配信をやってみたいが、やり方が理解できない」「youtubeのライブ配信など
自分にはハードルが高くて無理だろうなあ」という人も少なくないだろう。
しかしながら、案外シンプルに誰でもスタートすることができるので、関心を持っている人はぜひとも挑戦してみてはどうだろうか。

 

「youtubeライブ」というのは、Google社が運営を行うライブ配信機能のことだ。
youtubeライブは、「無料で高画質な配信が出来る」「放送中の番組を最初に戻って見れる」「配信された録画動画を無期限で保存することができる」「視聴者がライブ配信者に<スーパーチャット>としてお金を与えることが出来る」等の特徴がある。
その中でも、配信録画の保存期間にあたって、他社のサービスであれば、一定の日数がオーバーすると自動的に消し去られてしまう事が多いが、youtubeライブであれば、無期限で保存可能なのがすばらしい所です。

 

このページでは、youtubeのライブ配信のやり方ということで、とりあえず、最低限必要な機材について紹介したいと思う。

 

 

パソコン

もしゲーム配信をするときなら、どのゲーム機を利用するにしても、パソコンを欠かさず運用することになる。
他に、タイムオーバーの心配がなく、スムーズに配信しようとすると、ハイスペックのパソコンがなくては困ります。
とりわけ、パソコンゲームを配信するケースでは、youtubeライブを行ないつつ、ゲームもスムーズに動かすことが大切であるので、macなどのなるべくハイスペックなゲーミングパソコンがおススメである。

 

 

マイクやウェブカメラを始めとしたパソコン周辺機器

youtube Liveで自分自身の声や顔を放映したい人は、マイクやウェブカメラというような周辺機器を下準備することが求められます。
あなた自身の姿を写さないで配信するとしたなら、ウェブカメラの必要性はないことになります。

 

 

配信ソフト

youtubeライブでゲーム配信にトライする場合は、配信ソフトがないとできません。
配信ソフトは、無料で使えるものから有料のものに至るまでいろんな種類があるから、自分の目的にマッチした使い勝手の良いものを選択しましょう。
そのうちでも、ここ数年、威力をふるっており、多くの配信者がお世話になっている「OBS Studio」といった無料配信ソフトがおすすめだ。
ゲーム配信にとどまらず、ゲーム実況動画の制作までできる高機能なソフトです。

 

 

youtubeアカウント

youtubeライブは、youtubeが提供している配信サービスなので、youtubeアカウントが必要不可欠です。
youtubeアカウントは、Googleアカウントを使うことになるから、Googleアカウントを所有していればすぐにチャンネルを開設する事ができる。
Googleアカウントを作っていないならば、まずはアカウントを作りましょう。


スポンサードリンク

youtubeでライブ配信をする具体的なやり方について

それではyoutubeのライブ配信の活用法を手順に従って説明します。

 

はじめに、youtubeでライブ配信行なうためには、youtubeチャンネルを開設することが求められます。
そのようにするためには、Googleアカウントが必須になるから、アカウントが全くない人は作って頂きます。
常日頃からGoogleアカウントを利用しているとしたらは、そのまま活用できます。

 

Googleアカウントが確保できたら、youtubeチャンネルを開設するのだ。
youtubeにアクセスしたら、ウィンドウ右上にあるログインボタンを左クリックして、ログインしましょう。
そして、右上のアイコンを左クリックしたら、メニューが開かれるので、「チャンネル」を左クリックする。
「チャンネルをカスタマイズ」を左クリックしたら、アイコンやチャンネルアートを編集する事だって出来ます。

 

youtubeチャンネルを開設完了したら、右上のアイコンから「Youtube Studio」を左クリックする。
そして、「作成」か「ライブ配信」のアイコンを左クリックする。
電話番号認証をするようにアナウンスされ、認証が行なわれるとライブストリーミング機能が有効化されるのです。
著作権の侵害等、ライブ配信と関連する制限を過去90日間に食らっていない事を条件に認証されるが、そのために最大24時間掛かります。
このため、アカウントを作成してアッという間に配信をスタートすることはできないのでお気をつけください。

 

アカウントが認証されれば、「作成」からライブ配信を開始できます。
「エンコーダ配信」のタブから、タイトルや公開範囲、さらに配信の説明やゲームのタイトル等を入力して、サムネイルをアップロードする。

 

必要な入力が完了したら、テスト配信を実行します。
「動画はきちんと配信されているか」「自分の声とゲームボリュームやバランスは正しいのか」「画面に表示すると問題なものが映り込んではないか」「画質に不具合はないか」等を確認してほしい。
他に、テスト配信を行うときは、「非公開」にセッティングすることを確認しながらやってみましょう。

 

エンコーダ配信の作成が済んだら、配信ソフトを有効活用して、ライブ配信の設定を実施します。
「ライブ配信の設定」でストリームキーをチェックしてコピーして、配信ソフトに貼付してセッティングします。
次いで、「DVR」を有効にすることが必要ですが、youtubeライブをセッティングする時は、デフォルトでチェックされていますから確認だけすれば済みます。

 

あとは、ライブ配信の遅延度について、「通常の遅延」、「低遅延」、「超低遅延」の3つの中から選択します。
コメントや質問の返答等、配信者と視聴者のコミュニケーションを楽しむ配信にトライする場合は、「超低遅延」を選択するべきだろう。
一般的なゲーム実況にトライする場合は、「通常の遅延」でOKです。

 

ここまでやって、エンコーダ配信の設定が終了となっており、ゲーム配信をスタートできます。
但し、ゲーム機によっては配信のやり方が異なって来るので、それぞれの配信方法をチェックしてみましょう。

 


PS4単体でライブ配信するやり方

まず、ソニーの「PlayStation 4(PS4)」については、標準でブロードキャスト機能が実装されているから、PS4単体でyoutubeやTwitchでシンプルにライブ配信することができる。
しかしながら、「使い方がよくわからない」、「なかなか難しそうだ」と考えている人も多いだろう。
ただ、設定さえ行なってしまえば、ワンボタンでライブ配信できるから、関心を持っている人は力を合わせてセッティングしていきましょう。

 

PS4のシェア機能を活用して「ゲームをブロードキャストする」を選ぶと、配信できる。
PS4のブロードキャスト機能だったら、「youtube」、「Twitch」、「ニコニコ生放送」の3つのウェブサイトで配信することができる。
この中でも、youtubeとTwitchというのは、基本的に無料で配信可能だからおすすめである。
配信したいウェブサイトでアカウントを作って、ライブ配信できるように用意しておこう。
その中でも、youtubeでは、ライブ配信する時の認証が24時間かかってしまうから、注意しないといけないのです。

 

それではブロードキャスト機能を使って、次の使い方に基づいて配信を開始して行きましょう。

 

 

配信で使うゲームを起動して、プレイの途中に「SHARE」ボタンをぽちっとして、「ゲームプレイのブロードキャスト」を選びます。

 

任意の配信サイトを選択します。

youtubeとTwitchは、高画質の配信を無料でできますからおすすめだ。

 

アカウント連携の画面が示されたなら、配信サイトのアカウントとPS4のアカウント(SENアカウント)を連携させる。

 

配信に自分自身の声をマイク音声で入れるケースだと、コミュニケーション設定で「ブロードキャストにマイクの音声を含める」にチェックを入れてほしい。

あるいは、自分の声を配信しないケースだと、チェックを入れないようにしよう。

 

その次は、「観戦者へのメッセージと観戦者のコメントを表示する」という項目のセッティングだ。

ここにチェックを入力すると、視聴者からのコメントが画面上に表れる。
但し、コメントが出てくる分、ゲーム画面が小さくなるから、フルスクリーンでゲームを堪能したい人はデメリットに思うかも知れない。

 

タイトルや説明文を入力したら、「ブロードキャストを始める」を押してほしい。

そうすれば、画面右上に「ON AIR」と表示されて、配信がスタートします。
配信開始から視聴者が配信を閲覧できるまで、数秒間の遅延がおこりますが、これは不具合ではない。

 

配信をお仕舞いにしたい場合は、SHAREボタンを押して、「ブロードキャスト設定」→「ブロードキャストを終了する」を選んで下さい。

PS4のライブ配信のやり方・・・パソコンを利用した方法

PS4のシェア機能のみでライブ配信するとしたら、SHAREボタンからシンプルに配信することができて重宝します。
しかしながら、配信禁止区間の影響されたり、コメント表示で画面が小さくなったりとか、デメリットがもたらされることもあるかも知れない。
他に、PS4のみで配信する場合は、youtube、Twitch、ニコニコ生放送の3つの配信サイトに限られているから、ツイキャスやMirrativ(ミラティブ)でPS4のライブ配信をやりたいくらいなら、パソコンを活用することが大前提となります。
さっそく、パソコンを使ったPS4のライブ配信のノウハウを説明して行こうと思います。

 

 

1、PS4を準備する

 

PS4を起動して、「設定」→「システム」で「HDCPを有効にする」のチェックを外す。
こうすることで、PS4の映像をキャプチャーボード上で取り込めるようになる。

 

 

2、キャプチャーボードを準備する

 

PS4からHDMIで出力して、キャプチャーボードの「IN」に接続しまして、USBでキャプチャーボードとパソコンを接続しよう。
パソコン以外の画面でPS4の動画を映し出すつもりなら、キャプチャーボードの「OUT」から接続してほしい。

 

 

3、配信ソフトを準備する

 

今回は、配信ソフトの間でも特に支持を得ていて、無料で使える「OBS Studio」を例にあげて説明する。
「OBS Studio」の準備の方法だが、「映像キャプチャーデバイス」を選び、デバイスの製品名が開かれるので選ぶ。
他に、PS4の映像をキャプチャーソフトで出力した状態だと、配信ソフトに出力出来ないので、キャプチャーソフトを中断してからした方が良いでしょう。
PS4の音声を自分自身もパソコンから聞き取ることを考えれば、配信ソフト側のセッティングで「音声」→「音声出力モード」で「デスクトップ音声出力」にする。
PS4の画面をキャプチャーソフトに取り込む事ができたら、ライブ配信の支度はお仕舞いです。

 

 

4、配信サイトの設定をする

 

youtube、もしくはTwitchなどの配信サイト側のセッティングも欠かせません。
おもに、配信ソフトにストリームキーを入力したり、配信のサムネイルや要約をセッティングしたりする。
ここでキッチリこだわらないと、視聴者がなかなか伸びないこともある。
ついでながら、配信サイトによってセッティングが違うから、各サイトの詳しい使い方をチェックしてみましょう。

 

 

5、ゲーム配信を開始する

 

ここまで仕込みができたら、「配信開始」を押すのみです。
順調に配信が行われているか、配信サイトでチェックしてみましょう。

iPhoneでゲームのライブ配信をするためには、2つの方法がある

iPhoneを利用してyoutubeでゲームのライブ配信をしたいと思ったとき、スマートフォンばかりじゃどうしても良質の配信ができない。
できるだけコストを節約してライブ配信を立ち上げたいところですけれど、iPhoneだけじゃ限度があります。

 

そこで、パソコンを利用する方法がオススメです。
パソコンを利用すれば、iPhoneでyoutubeのライブ配信をするときも、質が高く安定感のある状態でスタートすることができます。
iPhoneとパソコンを利用するやり方は2つありますから、具体例を挙げてその方法を説明して行きます。

 

 

キャプチャーボードを使う方法
キャプチャーボードとパソコンをUSBで接続して、キャプチャーボードの「IN」からiPhoneを接続する。
TVやディスプレイにプレイ画面を映し出すケースでは、キャプチャーボードの「OUT」からHDMIケーブルでディスプレイと接続する。
このやり方は、初期投資が必要不可欠ですが、ハイクオリティで安定感がある配信ができる。

 

 

ミラーリングソフトを使う方法
ミラーリングソフトを利用するやり方は、有線で直結しなくても配信できる。
方法は、iPhoneとパソコンが同じWi-Fi(無線LAN)で接続された環境にて、パソコン上でミラーリングソフトを動作させて、スマートフォンの画面をパソコン上に反映して配信をスタートします。
このやり方は、シンプルに配信を始められて、コストも軽減できますが、Wi-Fiの接続が不安定だとするなら効率的に配信できないという欠点がある。
この2つのやり方では、準備しなければいけない機材が変化してくるので、費やす金額も異なってきます。
それぞれのやり方で、欠かせない機材と相場の金額を案内するから、加味していただきたい。

 

 

キャプチャーボードを使う方法

・HDMI端子のあるキャプチャーボード(10,000円〜25,000円)
・配信に必要なスペックのパソコン(60,000円〜100,000円)
・Lightning端子搭載のiPhone(50,000円〜80,000円)
・Lightning Digital AVアダプタ(5,000円前後)
・HDMIケーブル(数百円〜2,000円)
・ディスプレイ(10,000円〜)

 

 

ミラーリングソフトを使う方法

・iPhone(50,000円〜180,000円)
・配信に必要なスペックのパソコン(60,000円〜100,000円)
・同じWi-Fi(無線LAN)に接続可能な環境
・ミラーリングソフト(無料)

 

これら2つの方法では、必要な機材、コスト、ライブ配信の品質、設定の手間暇などがけっこう異なってきます。
あなたの目的と相談しながらきっちりチェックしてみて、スタートしやすいやり方でライブ配信に挑戦してほしい。

youtubeでiPhoneのゲーム配信をする具体的な方法について

キャプチャーボードとパソコンを利用して、iPhoneのゲーム配信をyoutubeでチャレンジする方法を説明する。

 

 

キャプチャーボードの準備

 

キャプチャーボードというのは、PS4やSwitch、スマートフォンの画面をパソコン上に反映するのに必要な機材だ。
あくまでも、HDMI端子に応対しているキャプチャーボードを準備することが不可欠であり、15,000円〜20,000円ほどで市販されています。
特に、「Game Capture HD60S」と「GC550PLUS」は、安心してライブ配信できるからおすすめである。

 

 

ドライバーとキャプチャーソフトをインストールする

 

キャプチャーボードのドライバーをパソコンにインストールする。
ドライバーはキャプチャーボードにより異なるから、よくチェックしてみましょう。
パソコンと接続してイメージ通りに作動しているかをチェックするために、「スタートメニュー」を右クリックし、「デバイスマネージャー」を開けてほしい。

 

 

iPhone・キャプチャーボード・パソコンをそれぞれ接続する

 

キャプチャーボードとパソコンを接続したら、ドライバーをインストールする。
さらに、キャプチャーボードとiPhoneを接続する時は、キャプチャーボードの「IN」にHDMIケーブルを接続してほしい。
そのHDMIケーブルとLihgtning変換ケーブルを接続して、iPhoneと接続させる。
iPhoneのプレイ画面をTVやディスプレイ上に反映するケースでは、HDMIケーブルでキャプチャーボードの「OUT」とディスプレイを接続してほしい。

 

 

キャプチャーソフト上にiPhoneのゲーム画面を取りこむ

 

iPhoneのゲーム画面をキャプチャーソフト上に取りこみます。
キャプチャーボードにセットされている公式ソフトにキャプチャー機能がついている場合は、それを利用しましょう。
実装されていないケースでは、別の配信ソフトを利用してゲームのプレイ画面を取りこむことが必要です。

 

 

キャプチャーソフトにゲーム画面を取りこむ

 

iPhoneのゲーム画面をパソコン上に反映できたら、配信ソフトをダウンロードして起動する。

 

 

キャプチャーソフトを設定する

 

配信サイトを絞って設定を始めますけど、配信サイトによりノウハウに違いがあります。
たとえばyoutubeでライブ配信するケースでは、事細かに、youtubeのストリームキーや配信する動画の詳細、配信の質等を設定します。

 

 

ライブ配信を開始する

 

ここまで設定完了したら、配信ソフト上でライブ配信に取り組み始めます。
自分自身の配信をチェックして、うまく配信を始められたかどうか確認しよう。

関連ページ

zoomの危険性と中国、アメリカの動向
zoomの危険性と中国、アメリカの動向について。iphoneやmacのiOS用zoomアプリの問題、zoomの危険性への対策とは?
zoomでマイクの音質向上させる方法
zoomでマイクの音質向上させる方法について。Web会議でzoomなどを扱う時に問題となるのが音質や音量だと感じます。マイクの音質向上のためにスピーカーフォンを採り入れることを強くおすすめします。
youtuberになるには?必要なものって?
youtuberになるには?youtuberに必要なものについて。最近ではゲーム実況やasmr系のyoutuberが人気だったりする。
転職先に馴染めない、辞めたい人はこちらへ
転職先に馴染めない。辞めたい人はこちらへ。転職先に馴染めない時の解消方法や転職先を辞めたい人が我慢したらいい期間は半年なのかについて。