コロナ感染の少ない海外旅行といつから行けるのか?|旬な話題のこと

海外旅行はいつ再開解禁され、いつから行けるのか?

世界的な大流行に至った新型コロナウイルスだが、依然として終息の兆しが見られないというのが現況です。
感染者数はだんだん減少してきているけれど、旅行については「海外旅行にはいつ行けるんだろうか」「予約をしている観光旅行は大丈夫かな?」「キャンセルしないといけなくなったらどうしたら良いか」と、気がかりなきらいがあるだろう。

 

では、海外旅行はいつ再開解禁され、いつから行けるのか?
外務省海外安全ホームページでは、海外安全情報として国や地域を選ぶと、感染症危険情報をチェック出来ます。
渡航の判断の目安というのは、危険度レベル1〜4で区分けされている。
2020年7月現在では、ほぼ全部の国がレベル3の「渡航中止勧告」であるので、どんな都合でもその国や地域への渡航は取り止められている

 

新型コロナウイルス感染拡大防止が原因で、各国で入国に制限を加えたり、入国者の管理をパワーアップさせたりしているそうです。
国境を閉鎖したり国際線フライトの運航をストップしたり、外国人の入国をNGにしたりしている国、入国できたとしても一定の期間は隔離や外出制限を展開している国が一般的です。
その中には、ビザの発給を取り止めたり、入国前に発行されていたビザを無効にしたりしている国もあるのです。

 

こうしたシビアな状況の間、緩やかに明るいニュースも耳にするように変わってました。
意外と、感染者が多くない台湾では、段階を踏んだ規制緩和を開始していて、10月頃から外国からくる観光客の受け容れも再スタートできる様意図しています。
他に、EUでも国境閉鎖を解き放って、EU加盟国間の移動を6月からだんだんと再開している。
7月が過ぎたら、EU域外からの外国人の入国を認可する国もでている。

 

こういったふうに、入国規制をだんだん再開しているといったとしても、かつてのように海外旅行を思う存分エキサイトできる日が来るのはまだまだ先みたいです。
だとすれば、感染者が多くない日本国内の旅行なら問題ないのでしょうか。
観光旅行に関して、県をまたぐ移動もだんだんと再開されていて、感染の状況次第では、8月からは一般的な状況に回復させて行くようです。
なるほど、密閉、密集、密接の【3密】を回避した取り組みを1人1人が肝に銘じることが重要だ。
国土交通省によると、旅行者の感染防止対策として、「新しい旅のエチケット」を指し示していますから、旅行前にきちんと確認しておこう。

 

各地の観光施設あるいは飲食店の商いが再開されているが、入場しようとすれば事前予約が必要不可欠だったり、入場する人数に限度を設けたり、おのおのの施設で独自の感染予防策がとられている。
訪問する予定の施設、あるいは飲食店の公式ホームページ等を予めチェックしてみて、マスク着用等のコロナ感染対策を充分とってお出かけしましょう。


スポンサードリンク

コロナ感染の少ない海外旅行と行ける国について

新型コロナウイルスの感染が世界的な規模で普及したことによって、渡航制限や行動制限が世界中で執り行われている。
外務省によると、2020年3月25日に、全世界をターゲットにして、海外危険情報レベル2を出して、不要不急の渡航を注意する様に注意喚起しました。
その危険情報というのは、7月1日現在でも続行中で、一部の国については、レベル3の「渡航中止勧告」を見せつけています。

 

これに関連して、6月18日には、ベトナムタイオーストラリアニュージーランドの4か国を対象として、ちょっとずつ相互往来を解禁すると公開されたのです。
その第1弾として、ビジネス関係者等少人数に制限して、ベトナムの往来解禁が決定しました。

 

世界規模で、新型コロナウイルスの感染者が明らかになった国からの入国を制限している。
6月30日の時点で、入国制限している国というのは、173の国と地域となっている。
ここ最近の過去14日間、非感染地域に滞在した事が確認できるならば入国可能だという、条件を満たす事で入国できる国もある。
しかしながら、事態は刻々と移り変わっているので、入国制限の処置をとっている国や地域にしょうがなく渡航する際は、焦らずに各国当局のホームページあるいは在京大使館でチェックしてみて、最新のインフォメーションに基づいて動いてほしい。

 

他に、1部の国にて、新型コロナウイルスの感染者が明確になった国から入国するなら、入国後の行動制限措置が実施されている場合も見られる。
6月30日の時点で、これにあてはまるのは87の国や地域であって、行動制限の全貌はそれぞれ違うので、外務省の告知をチェックして活動してほしい。

 

外務省の海外安全ホームページにおいては、新型コロナウイルスについての情報や渡航予定の国の情報を確かめられます。
渡航予定の国が、入国制限あるいは入国後の行動制限措置を実施していないケースでも、この先の事情によって対応が変化することもあるから、最新の情報をちょくちょくチェックしておいた方が良いでしょう。

 

海外旅行につきましては、かつてのように自由にエキサイトできることとなるのはいつ頃になるかはっきりしていません。
感染者が少ないケースが継続し、海外旅行が解禁再開されても、渡航に先立ってかならず旅行先の国の情報をチェックしてみましょう。
すでに海外旅行の予定を立てているなら、キャンセルの目安にもなる。

 

外務省では、渡航者向けのサービスということで「たびレジ」を取り扱っています。
旅行日程あるいは連絡先を登録すると、旅行先の最新の安全情報がリアルタイムで送られて来ます。
他に、すぐさま海外旅行へ行く予定のない人も、気になる国があったときは、その国を登録しておくと、いつでも最新情報を手に入れる事ができる。

 

「たびレジ」の登録は、タダで簡単にできるから、渡航前に登録しておくとキャンセルの目安にもなり安心できるでしょう

スポンサードリンク

関連ページ

子供連れで旅行できる関東近郊のおすすめポイント
子供連れで旅行できる関東近郊のおすすめポイントについて。子供連れで旅行する際、新型コロナ感染も気になるので、屋外で楽しめる関東近郊のポイントを紹介します。
初心者向けの車選びの方法とは?
初心者向けの車選びと料金や価格、もしくは初心者向けの車選びと人気車種について。