手縫いの手作りマスクの簡単な作り方を教えます|旬な話題のこと

夏用手作りマスクにはリネンがおすすめ

夏の暑い時期に、マスクを着用して日々を過ごしていくのはとってもしんどいですよね。何がヤバイってマスクをしているお蔭で暑いし蒸れるし、これ以外にも息苦しさを感じますよね。
いつでもこの状態が継続することを考えると憂欝な気分ですよね。かと言って新型コロナがなかなか治まりを示さない間はマスクは大切でしょう。
わずかでもスッキリしたマスクをどうにかしたいということは誰でも考えられますでしょう。

 

手作りマスクの場合では、どういった素材を利用して作るかによっても快適度には違いが見られることでしょう。
まず、夏用の手作りマスクという事で、おすすめなのがリネンだと言えます。
元来リネンは、夏用の布という形で生活の中で利用されてきた、洋服だけに限らずシーツ等でも夏用のアイテムとして用いられているわけです。
リネンが夏用の布として扱われているのは、とにかくその肌ざわりだと言えます。シャリっとした様な肌触りが涼しさを実感させてくれる。
その上、通気性がよく、吸収性が申し分ない上に、発散性も抜群です。

 

通気性が良いので息苦しさを感じにくく、その上吸水性にも高水準であるから、マスクの中がムシムシして汗を掻いてしまう心配もあまりなく済みますね。
こういった事からも、りリネンは夏用の手作りマスクにマッチする素材になるのだ。

 

他に、リネンには繊維自体に抗菌性があると評価されています。さすがに天然の抗菌性ということでいかなるウイルス等においても効果的であるというものではないでしょうが、天然の抗菌性という事で安全である点もあることになります。
このことから汚れも落ちやすいから、これらの面でもマスクは清潔であることが大切と考えると、リネンは非常に使いやすい素材じゃないでしょうか。

 

リネンは一般販売されていますけれども、手作りマスクの人気がアップしていることもあって、マスク用のリネン生地というタイプも市販されています。
マスク用にリネン生地を使う際にさらにおすすめなのが、マスク用という事で販売している柔らかいリネンだ。同じリネンだったとしても、肌ざわりが強固に感じるものや柔らかく感じるものが有る。元来シーツなどにも用いられているリネンであるため肌ざわりは良いのだが、これに加えて快適なマスクを考えに入れると言うなら、柔らかいリネンを利用することを意識しましょう
カラーもたくさんあるので、お好みの手作りマスクをつくることが叶うでしょう。
その上、リネンは取扱いやすい生地でもありますから手縫いでも縫いやすいことでしょう。


スポンサードリンク

手作りマスクを手縫いする方法について

手作りマスクであったとしても、立体型のものやプリーツタイプのもの等いくつかのタイプを作る事ができるのです。
ミシンを活用して作る人が多いでしょうが、手縫いだったとしても簡単で、マスクは作る事ができるのです。
とは言っても、手縫いのケースでは、できる範囲で縫う部分を少なくした方が簡単に出来ることは間違いありませんので、常日頃あまり裁縫などをしていないという人等は、極力簡単に作ることができるモノにした方が良いかも知れません。

 

裁縫が下手くそという人だったとしても、簡単に作れるマスクというと一時期話題になった「アベノマスク」と同じ形のものとなります。「給食マスク」とも噂されているあのマスクだ。
こういうマスクは、ガーゼを折りたたんで2か所をチクチクと縫うのみで完成となるのでことのほか簡単です。
小学生なんかでも作ることができることでしょう。

 

準備してほしいのは、ダブルガーゼとマスク用のゴム、あとは縫い針と糸ぐらいしかありません、型紙も不要だから楽ちんですよね。
けれども、1つポイントがあげられます。作業に取りかかると同時にまずやってほしいのがダブルガーゼの水通しだ。
水通しとは、ダブルガーゼを1回水に浸けて洗い流して干すといった作業だ。
ガーゼは洗うと小さくなってしまうモノがありますから、1回水洗いすることで縮むのを回避することができます。
この作業を行なわないと、せっかく作り上げたマスクも、洗濯したら縮んでしまい小型化してしまったという事態になりかねませんので、間違いなくするようにしてください。

 

キッチリ乾いたらアイロンをかけて布のシワを取って、いざ作業開始だ。
さっそくダブルガーゼを横35cm×縦18cmに裁断しておきます。まずは縦18cmの真ん中あたりに重なり合うように上下の布を持ってきて折ります。
次に、横の35cmを3つ折りにする。切り口の見える部分は1p程内側に織り込む。この状態で一度アイロンを掛けるときれいに仕上がります。
あとは端から1.5cmあたりをチクチク縫ってゴムを通せばフィニッシュだ。

 

折って、あとは2か所縫うだけですので、とっても簡単に作ることができますのではないでしょうか。作りたいサイズどおりに布を裁断したら、自分にピッタリの商品生産ができる。
1回制作してみるとサイズ感もわかってサイズを変更するケースでも上手くいくと思います。
まずは1回作ってみたらどうでしょうか。


スポンサードリンク

関連ページ

高齢者の生活保護申請の条件
高齢者の生活保護申請の条件について。年金あるのに生活保護もらうと不正受給になるのか?預金は認められる場合があるのか?老人ホームなどの施設入所や二人暮らしの高齢者夫婦の生活保護申請の条件や子無収入の場合など。
ふるさと納税のおすすめ品
ふるさと納税とおすすめ品のブログです。ふるさと納税をすれば一人暮らしや子供にも喜ばれるおすすめ品がゲットできますよー。2018年、2019年、2020年の口コミを元に調査した結果を教えます。