金融と財務|世情に詳しくなる題材詳報

スポンサードリンク

金融と財務記事一覧

相続税の税率って一体どのくらいの金額取られるかどうか御存知であろうか?おじいちゃん、おばあちゃん、もしくはお父様やお母様等、他界した家族が遺族に対して残す最後の財産、これが遺産と云うわけだ。しかしここで注意して欲しいのは、遺産をまるまるそのままの金額でゲット出きるわけじゃないと云う事だ。莫大な財産額のうち相続税の税率分の金額を差し引きされた残額こそ貴方がゲット出きる金額と云うわけだ。相続税の税率か...

固定資産税と評価額計算の仕方は、固定資産の種類に拠って大幅に変化する。固定資産税の計算方法は、所有している固定資産が、土地か建物かに拠って税率が変わってくるが、同じ土地でも地目と云われる土地の種類や、建物の建造物の種類、鉄筋コンクリートや木造か、耐火機能の有無等に拠っても、固定資産税と評価額の計算の仕方に影響してくるのだ。土地や建物を新規に購入する場合は、資金繰りのポイントから、あらかじめ固定資産...

住民税の還付は、税源移譲に結びつく住民税の還付以外は、基本としては実在しない。うっかり勘ちがいする人がいて、所得税の還付金と同じように考慮するようだ。所得税の場合は、普通のサラリーマンなら、毎月ごとに予測されるだいたいの税金の金額を天引きされていて、おおく支出した場合に限り、年末に精算されて、申告に拠って差額が還付される類のものだ。しかしながら、昨年1年間活動して得た所得に基づいて、税金の金額が計...

退職金の税率は、他の所得税と比較すると低減対処が図られているのがその特質だ。退職金は相当まとまった金額となる為、このまま課税されてしまうともの凄く高い税率になるからだ。まず給与所得等に利用される総合課税方式とは別個に退職金の税率には分離課税方式が利用される。分離課税方式と云うのは他の所得とは分類して、独自に退職金の税率を計算すると云う方法だ。つまり、退職金の税率は一時所得扱いとされているので税金が...

中間納付とは確定申告時の一部前払いと云ったものだ。半年に1回、3ヶ月ごとに1回、一ヶ月ごとに1回と云う3種類の納付の方法がある。なぜこのような具合に実践するのかと云うと、税金による運用益を縮小させるためなのだ。つまり売り上げで現実に消費税を預かったときと、納税の時にタイムラグがあるからなのだ。この期間中に税金を運用して利益を上げる事も可能の為大きな会社だったら消費税額分のみでも莫大な金額に成る。そ...

今回は、住宅ローン減税とは具体的にどのようなものなのかどうかにかんして、管理人の私が調べた結果を記述したいとおもう。住宅ローン減税のシュミレーションが終わり金額が決定したら必要書類をもって確定申告に行きたいとおもう。これをシンプルに解説すると、住宅を買い付けて10年以上のローンを組んだ時、10年間にわたって所得税を一定金額減額(控除ともいう)してもらえる制度と云う事に成る。つまり、本当は支払わなく...

解体費とは、建物や家と云った住宅を撤去する時に生起する費用等の事だ。解体費と云うのは、途方もなく支出がかさむと云う事を御存知だろうか?土建屋が、重機をもってきて、一気にバラして、早くて1日、と云うペースで建物を解体していく様子は、本当にド迫力だ。解体費にかかる費用と云うのは、どのくらいなのだろう。増築もしくは立て直しと云う場合に、どうしても必須事項になるのが、解体費と云う支出だ。例を挙げると、風呂...

確定申告の印鑑、いったい何を使用したらいいか戸惑う人も少なくないのじゃないだろうか。確定申告の印鑑と云うと、実印等のように何か特別なものが必要なのだろうか?勿論サラリーマンのような企業に勤めている人ではなく、個人事業主の人やフリーターが自身で、もしくは税理士に依頼して実践するのが殊更に成る訳だが(勿論、企業勤務しながら副業をしていると云うライフスタイルの人もおおくいるとおもうが)、確定申告の印鑑と...

印鑑(いんかん、英:seal もしくは stamp )は、木・石・角・象牙・金属・竹等に文字やシンボルを彫刻し、個人・団体もしくは官職のしるしとして、公私の文書に押し、その責任や権威を証明するものだ。印、判、印判、印形、はん事もいい、紙等に印章をプッシュしたあとを印影と云う。また、印鑑をプッシュする事を押印(おういん)、捺印(なついん)と呼称する事もある。印鑑の作成と云っても、その作成時期や目的は...

現実の会社名は、三井ダイレクト損保と云う名前もしくは名称だにもかかわらず、意外と三井住友ダイレクトと云う風にうっかり社名を勘ちがいしている人が少なくないみたいだが、このような名前もしくは名称の会社はこの世に実在しない。三井ダイレクト損害保険の三井と云う名前もしくは名称は、親会社の三井物産の三井の事だが、2007年3月に実ほどこた第3者割当増資により三井住友海上火災保険の出資比率が飛躍的に飛躍的に向...